キヤノン PowerShot G7X Mark II で家ネコを撮影(駄作129)


キヤノン PowerShot G7X Mark II で早速、家ネコを撮影。




ISOオート(125)、プログラムAE(1/125秒、f4)

まずは部屋ネコから。
窓際の逆光気味状態。「オートライティングオプティマイザ」を「ON」にしているので、ハイライトからシャドーまで破綻なく描写されている。
AFは顔認識+自動追尾AFだが、ネコの顔は認識しないようなので(笑)、自動選択AFになっている。ピントはネコではなく、クッションの手前のほうに合ってしまった。




ISOオート(125)、プログラムAE(1/250秒、f4)

もう一匹。
コチラはネコの顔にピントが合っているように見えるが、厳密にはやや前ピン。36.8mm(35mm判換算100mm相当)で撮影、背景がそこそこボケていいカンジ。




ISOオート(3200)、シャッタースピード優先AE(1/125秒、f2.5)

部屋のやや暗めのところで高感度画質を見たくて撮影。前ピンなので画質を厳密にチェックはできないけれど、カラーバランスはくずれていない。これぐらいのサイズで見る分には全く問題のない画質。




ISOオート(6400)、シャッタースピード優先AE(1/500秒、f2.5)、現像ソフトで+1段補正

ISO6400で撮ろうと思ったら露出不足。ソフトで補正したので、ISO12800相当か。
床にカラーノイズが出ている。画質も崩れているがパナソニックTZ40に比べるとかなり良い印象。




ISOオート(200)、マニュアル(1/1,000秒、f2.8)

庭ネコを撮影。
気持ちネムいけれど白トビせず、いい感じ。




ISOオート(125)、プログラムAE(1/400秒、f4)、現像ソフトで暗部補正

ピントは自動選択AFでは思ったところに合わなかったので、液晶モニターをタッチして1点AFに切り替えて撮影。


目の部分をピクセル等倍で切り抜き


目の部分を50%縮小で切り抜き

ピクセル等倍で見るとコンデジっぽいモヤモヤしたディテールだが、50%に縮小すると滑らかな画質に。
まぁ、主にネットにアップするぐらいの用途なので十分すぎる画質(笑)。




   

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ