『アサヒカメラ』2016年07月号




『アサヒカメラ』2016年07月号



毎年恒例のヌード特集。ヌード特集の号は売上が伸びるそうだが、家庭を持つオジサンでも『アサヒカメラ』なら自宅に持ち帰っても言い訳が立つかららしい(笑)。



そんなワケで「総力特集 ヌードの90年」
90年を振り返っているだけあって、ワタシが高校生のころに目にしたヌード写真や、『GORO』『写真時代』『写楽』といった写真雑誌、『Water Fruit』『Santa Fe』といった当時話題となった篠山紀信の写真集が紹介されていて、懐かしい。
表紙の若い頃の髙橋恵子(秋山庄太郎撮影)や『Santa Fe』の宮沢りえ(篠山紀信撮影)などは若さが溢れていて、純粋に綺麗。

企画内容は・・・
・座談会「俺たちのヌード論」 渡邉達生×山岸伸×魚住誠一
・篠山紀信インタビュー「僕がヌードを撮り続けるワケ」
・戦前から90年代まで “ヌードの世紀” を振り返る
・河野英喜が指南「肌を美しく撮るテクニック」

ワタシ的に面白かったのは「篠山紀信インタビュー」。彼はワタシが高校・大学の頃、『CAPA』で「篠山紀信写真塾」を連載しており、その写真表現と解説に感動したものだ。本記事でもインタビュー内容は秀逸。

過去のエントリー:『篠山紀信写真塾 跳んでごらん!』

「河野英喜が指南「肌を美しく撮るテクニック」」は屋外で女性モデルの肌を綺麗に撮るテクニック7か条。でもヌード企画なのにモデルは水着(笑)。



「槍ヶ岳、穂高連峰を撮る」
ワタシ的にはスルーながら18ページの特集。お好きな方はご参考に。



「夏の花と渓谷を撮る」
13ページの特集。ワタシ的にはやはりスルー。13ページでヒマワリ、ユリ、渓谷撮影の解説と作例。『カメラマン』7月号の「この夏撮りたい10の被写体!!」に比べれば、充実の内容。



「ポートレート写真家・河野英喜氏とスナップ写真家・中藤毅彦氏が魅せられた LUMIX GX7 Mark II の実力とは?」
たぶんパナソニックの記事広告なのだろうが、GX7mk2がスナップやスナップポートレートに最適だという内容。特にスナップポートレートではコンデジを少し大きくしたようなボディとコンパクトな単焦点レンズなら、モデルに圧迫感を感じさせないという点は確かにメリット。見やすいEVFやボディ内手ブレ補正機構内蔵という点もポイント。



『アサヒカメラ』7月号はこんなところで。







スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ