シグマ 50-100mm F1.8 DC HSM Art は 5Ds で使えるのかを検証




シグマ 18-35mm F1.8 DC HSM Art と同様、フルサイズセンサーの EOS 5Ds に装着したらどうなのかをチェックしてみた。

純正 EF-Sレンズと違って、サードパーティ製APS-C対応レンズはキヤノンのフルサイズカメラにも装着することができる。なので、最低、クロップ機能で 5Ds(5,030万画素)をAPS-Cカメラ(1,960万画素)として使用することはできるのは当然だが、5Dsのクロップ機能はAPS-H(3,050万画素)もあり、よりワイドに高画素で撮影できるのではないかと期待。



結論から言えば、フードを外して撮影すれば、イメージサークルは焦点距離全域でフルサイズをカバー(f1.8で四隅がやや暗くなるかんじだが)。それならDCレンズではなくDGレンズとして発売できただろうに、周辺画質が良くなかったからか?
ちなみに付属のフードを装着すると全焦点域で多かれ少なかれケラレてしまう。まぁ、APS-C用に作られているので当たり前だが。とはいえ、APS-Hのエリアはカバーしている。

となると、問題は周辺部での画質だが、今回のテストではイメージサークルがどの程度かを調べるためのものだったので、言及は避けたい。そもそもAFマイクロアジャストメントも行なわずに撮影してしまったし(笑)。


【 追 記 】



下記撮影では(どういうわけか)フルサイズをカバーしているものの、実際は四隅でケラレてしまう。どうしてこのような結果になったのか理解に苦しむが、事実は事実(この時はキチンと撮れたんですよ)。



以下、テスト撮影画像。お分かりと思うが、外側の赤枠がAPS-H、内側がAPS-C。



フードなしで撮影。左:f1.8、右:f8。

50mm
 

60mm
 

70mm
 

85mm
 

100mm
 



フードありで撮影。左:f1.8、右:f8。


50mm
 


60mm
 


70mm
 


85mm
 


100mm
 





   


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ