『カメラマン』2016年11月号






『カメラマン』2016年11月号

表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルさんは一瞬誰かと思ったけれど二階堂ふみさん。ワタシ的には二階堂ふみというと『ぐるぐるナインティナイン』の「ゴチになります!」でのセーラー服に聖子ちゃんカットのイメージ(笑)。
一方で、最近週刊『プレイボーイ』でバニーガールのコスプレ姿を披露しておりますな。

週プレ グラジャパ!:週プレ2016年10月24日号No.43

週プレ NEWS:衝撃のグラビアでバニー姿を晒した二階堂ふみ「好きな人ができたら、すごく不器用でシャイ…」


「キヤノン EOS 5D Mark IV “17番”勝負!!」
5D4と5D3、5DsR、ニコン D810、ソニー α7R II、ペンタックス K-1 で実写比較。
ポートレート、風景、スポーツ、ネイチャー(花)の4ジャンルで解像感、高ISO感度画質、AF、AEなどをテスト。ご参考に。


「高級コンデジ&最新スマホ 実写でどうよ!?」
高級コンデジはリコーGR II、キヤノン PowerShot G7 X Mark II、ソニー CyberShot DSC-RX100M4、ソニーCyberShot DSC-RX10M3、富士フイルム X70、パナソニック LUMIX DMC-TX1。
スマホはファーウェイ P9 5.2インチディスプレイ、アップル iPhone 7 Plus 5.5インチディスプレイ。
一応、全機種でポートレートやら料理やらの実写比較をしているのだが、解説を読まないと差が分からない(笑)。


「どっちのレンズショー」。今回はタムロン SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2 Model A022 とライバルレンズ。ということで、同 SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD Model A011、ニコン AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR、シグマ 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports。どうせならシグマのコンテンポラリーのほうもテストしてほしかったところだ。
結果がどうだったかは本誌をご覧クダサイ(笑)。


「ネチッとトヨ魂」vol.11
カメラ誌初の「実験編集」ということで、「筆者の「青臭い」生原稿とプロの手による「編集済み文字原稿」を併記!」されている。
前月号のAPS-C機比較記事でニコンへの気配りゼロのキャプションを書いた豊田慶記氏にクレームを付けた月カメ編集部員。本記事では豊田氏の元原稿とプロの気配り原稿を比較(笑)。
プロの気配り原稿はカメラ雑誌でよく見る、カメラメーカーを立ててマイナス点の評価もオブラートに包むような表現。一方の豊田氏の原稿は知り合いに語るような感じで、ある意味 本音が出ていて清々しくもある(爆)。もっとも、本として活字にする場合はやはりある程度の気配りは必要でしょうな。
とはいえ、この記事が本号で一番面白かった(笑)。






スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ