『フォトテクニック デジタル』2016年12月号





『フォトテクニック デジタル』2016年12月号



表紙&巻頭グラビアのモデルは浅川 梨奈さん(SUPER☆GiRLS)(by小林幹幸)。

屋外撮影の画像(PENTAX 645Z)と室内撮影の画像(ニコンD5)で色調が揃っていないのがちょっと気になる。



「Lens & Elements 6人の北川綾巴」

北川綾巴さん(SKE48)を6号連続で6人のカメラマンが撮影するという企画。使用するレンズも毎回1本決められるようで、今回はオリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO。
9枚の作例全て絞り開放菜乃だが、画質はシャープ。ただ、F1.2の標準レンズと言っても25mm。膝上ショットとなると背景はあまりボケない。



特集「高画質モデル 実写インプレッション」

人気沸騰中のNewレンズ&カメラの実写レポート。アイテムは・・・
キヤノン EF 16-35mm F2.8L III USM
キヤノン EF 24-105mm F4L IS II USM
ニコン AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
オリンパス OM-D E-M1 Mark II

レンズに関してはいずれも定番レンズのリニューアル。いずれも売れるんでしょうなぁ。

16-35mmに関しては、F4で手ブレ補正機構内蔵のものが低価格で発売されているし(ワタシも所有している)、大柄・出目金ながらF2.8で手ブレ補正機構内蔵のもの(タムロン SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD)が発売されており、どれも一長一短(キヤノン F2.8L IIIは実勢26万円弱とダントツ高価!)。画質はいずれも良いようだが。

24-105mmに関してはレポーター(長野博文氏)がISを過信したのか ISO100、f4、1/100秒とかで撮影していて、思いのほか手ブレが多かったとのコメント(カメラは EOS 5D Mark IV)。同氏は「私見だが、本レンズのパフォーマンスを最大限に活かせるのは、EOS-1D X やEOS-1D X Mark II なのかもしれない」とコメントしているが、じゃあ5D4の24-105/4L IS II レンズキットは何なのよ? と突っ込みたくなる(笑)。

70-200mmに関しては、2009年11月発売の前モデル(AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II)からのリニューアル。ニコンユーザーは当然買い替えに走るだろうが、キヤノンが対抗して F2.8L IS III を発売するかが注目(1年以内にリニューアルとのウワサあり)。

デジカメinfoの記事:キヤノンEF70-200mm F2.8L IS II の後継機が12ヶ月以内に登場?

オリンパス OM-D E-M1 Mark II に関しては、見開き2ページでのインプレッションはレンズのレポートと比べてちょっと少な過ぎ。まぁ、山岸伸氏の同カメラを使用したページが4ページあるのでそれなりのボリュームになっているが。



特集「愛と妄想のエロス」

本誌購入の一番の動機が本企画(笑)。7人のカメラマンがそれぞれのエロスを表現。
ワタシ的にはP52-53の作例が女性をラブドールを思わせるようなトーンで表現していて興味を惹かれた。
P69の横たわる着物女性の首筋の大粒の汗を撮った写真もワタシ好み。
あと、P82、83の作例はモデルも綺麗だが、着用している下着と言うかコスチュームがエロい(笑)。何も着ないよりもセクシー。



『フォトテクニック デジタル』12月号こんな感じで。








スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ