2016年11月30日 全日本総合選手権大会(1回戦) 撮影後記





(今年だけ表紙に1人欠けています。)



大会2日目は各種目の1回戦。天気は曇り。

試合開始は9時でプレスルームが開く時間は8:30(前日から告知)。
それ以前に着いても入れてもらえそうもないが、ラッシュ時間の山手線に乗りたくないので、前日と同じ7時過ぎにホテルを出て、原宿のドトールコーヒーで時間つぶし。

試合数は72試合。コートは予選と同様、6コートで1−2−2−1。
今回も中高生中心に、あと通常マークしている選手を撮影。
撮影は2階通路からをメインにアリーナでも撮影した。
試合が終わったら速報を出すのも昨日同様。
ただ、速報記事を書いている間に、依頼主からピックアップされていた試合が終わっていて撮れないケースが1度あり、ちょっと凹んだ。やはり、撮影と速報の掛け持ちはキビシイ。

撮影機材は7D2+120-300mm(+1.5倍テレコン)+一脚、5Ds+24-70mmまたは70-200mmの組み合わせ。
アリーナからも撮影したが、中央の4コートは撮影エリアが限られていて、移動もサービスジャッジと主審台の間をすり抜けなければならないので、極力2階通路から撮影するようにした。
一方の1コート、6コートはコートの外側(客席側)からの撮影になるのだが、どちらも逆光照明になるのであまり綺麗には撮れない。それもあってこちらもなるべく2階席から撮るようにした。

撮影枚数は 5Ds:1,693枚、7D2:2,127枚、G7X2:2枚、合計:3,822枚。



意外にも試合は順調に進み、18時頃終了。スケジュール的には17時終了だったのだろうけれど。
後処理をして19時半にプレスルームを出ることができた。

注目の試合は女子複:タカマツペア、女子単:奥原希望選手、山口茜選手、大堀彩選手、男子単:中学生の奈良岡功大選手、男子複:香港オープンで優勝したソノカムペア、遠藤/渡辺 新ペアといったところか。
これら選手の試合ではテレビカメラがスチルカメラの後ろにずらっと並ぶので移動がしにくくなるし、スチルカメラも人が増えるので撮影場所の確保にも困る。
したから撮る必要のない選手に関しては空いている2階通路から撮影するようにした。
注目選手はおおむね2回戦進出したが、中学生の奈良岡功大選手は高校生選手に破れ、1回戦敗退。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ