キヤノンプリンターTS9030のインク残量アラートに大疑問!





すでに12月25日を過ぎているけれど、いまようやく年賀状作成(笑)。
裏面デザインはワタシ的には毎年それなりに自作するので時間はかかるが、印刷はプリンターやインクなどでトラブルがなければ宛名チェックも含めて1日で終わるので、トータル2〜3日程度。
ちなみに裏面デザインは『Adobe Photoshop CC』、宛名は『宛名職人Ver.16』、挨拶文面は『Adobe Illustrator CS5』で作成。1枚の年賀状を作るのに3回プリンターを通すことになる。
プリンターは11月に購入したキヤノン TS9030

それはさておき、プリントしていて気になったことが。
それは年賀状をプリントしていて「インクがなくなっている可能性があります」という表示が出たので、インクカートリッジの交換をしようと思ったのだが、本来はここでプリンター天板を持ち上げてインク交換するところ、うっかり操作パネルの「OK」を押してしまったのだ。プリンターはインクが交換されたあと、OKされたものと勘違いしてプリントを再開。すると何も問題ないプリントがどんどん出てくる。結局10枚ほどプリントしたあと、次は残り1/10ぐらいを白いまま排出。これで本当のインク切れ。シアンのインクを交換したが、実はイエローインクも「X(バツ)」印が出ていて「ブラック」「グレー」も「残りわずか」の表示になっていた。
だが、そのままスルーしてプリントを続けたら、結局60枚ほどハガキサイズで写真プリントを行なうことができた。その間、「ブラック」「グレー」も「残りわずか」から「残量なし」に切り替わっていて、プリンターの表示通りにインクカートリッジを交換していたら、ハガキ約60枚分のインクを無駄にしていたことになる。
印刷途中でインクがなくなって途中から白くなるのも不愉快だが、「インクがなくなっている可能性があります」という表示が出てすぐ交換してインクを使い切らないのももったいない。1枚2枚ではなく約60枚となってはなおさらだ。

そんなワケで、今後はプリンターのアラートを信じずに使うつもり(笑)。



 



スポンサーサイト

テーマ : 周辺機器
ジャンル : コンピュータ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ