CP+2017レポート(その9) ワタシが注目したコンパニオン


ステージモデル編に引き続いてコンパニオン編!(笑)。


ワタシが独善的に選ぶ個人部門の第1位は タムロン!

 

親しみやすさのある美形でナンバーワン! タイプです(笑)。



個人部門 第2位は オリンパス!

 

背が低くてカワイイ系。
以前にニコンやオリンパスのコンパニオンをしていたと思われる。
気さくな感じで、撮影に応対してくれた。



個人部門 第3位は キヤノン!

 

本当はもう1人いたのだけれど撮影できず。そちらの方も美人だった。
常に受付のテーブルの奥にいて全身を撮れなかったのが残念。ちょっとおすましな感じだったのもマイナス。なお上の2枚は撮影日が違うので、後ろ髪とスカーフの結び方が変わってマス(笑)。

ちなみに昨年のキヤノンは美人のコンパニオンさんがカタログ配りのために通路に立っていたが、大撮影会状態になり、カタログを配ることができていなかった(爆)。
受付に入ると撮影しようというカメラオヤジは激減するようでゴザイマス(笑)。



団体部門の第1位は サンディスク/G-Technology!

 

 

 

本当は4人いたはずだが、3名しか撮影できず。なかなか粒ぞろい。
コスは以前のもの(サンディスク)よりも控えめというかコンサバティブ。
よく見ると赤いスカーフはサンディスクのロゴ入り、あおいスカーフはG-Technologyのロゴ入り。



団体部門の第2位は カシオ!

 

 

 

 

こちらも皆さん粒ぞろい。
撮影を依頼すると誰もが持っているカメラを上に伸ばして自撮りのポーズをするのがうっとうしかったけれど(笑)。
コスはここ数年変わっていないと思うけれど、嫌いではない。ただ、PRしている製品がカジュアルなイメージなので、もっとカジュアルなコスでもいいような・・・。



次いで、コスチューム部門の第1位はハクバ!(2位以下はナシ)

 

 

ややハイネックで肩出しミニワンピはセクシーだがエロチックではないところが高評価。白ベースにネックレスとベルトはシルバーでまとめていて、爽やかな印象。
2人のコンパニオンは長身でスタイルよし。コスによく似合っていて、全体的にカッコイイ印象。



アドビ

 

 

 

 

順位をつけるまではいかないけれど、パーカ姿が珍しい。黒ベースでフード部分だけ赤。
パーカを着ている人と白ワンピの人がいたが。



以下、順位をつけずに紹介。



マウスコンピュータ



 

 

露出度が高く、撮影したがるカメラオヤジは後を絶たないので、コスチューム賞を考えてもイイところだが、昨年と同じコスなので賞ナシ。



SDアソシエーション



 

 

 

コンサバティブながら白ベースで爽やかな印象のコス。



タムロン



 

 

白xブルーのタムロンカラー。よく見るとブルーのペプラム付きワンピは縮緬のような素材。



シグマ

 

 

オフホワイトのブラウスにダークグレーのロングスカート。
下のおねーさまは毎年シグマのネイルアート。



ソニー



 

 

αシリーズの色であるオレンジのシャツに黒のネクタイ、黒のショートパンツというスタイル。
受付をしていた2人組は通路を歩いているワタシのデカイいリングフラッシュが気になって喋っているようだったので、せっかくなので近づいて撮影させていただいた(笑)。



ニコン

 

ニコンと言っても望遠鏡/双眼鏡部門。黒x黄色ではなく白x黄色なので重くなく爽やか。



トランセンド

 

赤いワンピに赤いスカーフ。少し暑苦しいかな?(笑)。



シノロジー

 

オールホワイトのコスは露出ミスが許されぬ(笑)。



インプレス

 

ボレロ&ワンピースのコス。



インタニヤ

 

肌の白いおねーさん。



ONA

 

コンパニオンというよりスタッフさんなのだろうが、黒のジャケットにブルージーンズで固すぎず柔らかすぎず。



コシナ

 

白xブルーのオーソドックスなコス。まぁ、コシナもツァイスもこのカラーだからほかの色は選べないだろう。



DJI

 

白シャツのすそは外に出し、スリムな黒のボトムスにスニーカーでカジュアルないでたち。



マルマン/キャンソンン

 

黒のトップにチェックのスカートはオリジナリティが感じられる。



NTTドコモ(たぶん出展社は違うと思う)

 

目を惹く赤のミニワンピ。



東芝

 

白のボタンダウンに黒のボトムス。カメラオヤジが群がるスタイルではないが、嫌いではない。



マンフロット



コンパニオンというよりもスタッフさん、あるいは勧誘のセールスねぇちゃんという感じ(爆)。



こんなところがコンパニオン編でゴザイマス。
昨年はコンパニオン撮影のために通路が塞がってしまう事態になっていたけれど、それを反省してか、今年は極端に混雑することがなかった。
本来コンパニオンはカタログを配ったり、客の質問に答えるのが仕事であって、撮影モデルではないのだから、本来の目的でないところに時間を割いてばかりいるのなら、減らしたりなくしたりするというのも当然考えられることだ。
だが、ニコンのようにコンパニオンもいなければステージモデルもいないなんてのは寂しすぎる。
イベントの華だと思ってたくさんのキレイドコロで迎えてほしいものだ。



過去のエントリー:
CP+2016レポート(その9)ワタシが注目したコンパニオン
CP+2015レポート(その6) ワタシが注目したコンパニオン
CP+2014 レポート(その5) ワタシが注目したコンパニオン
CP+2013 レポート(その6) ワタシの注目コンパニオン編
CP+2012 レポート(その6)ワタシの注目コンパニオンは・・・(笑)
CP+2011レポート(その5) 各ブースを盛り上げるコンパニオンのおねーさまがた
CP+2010 レポート(その2)コンパニオンのおねーさんたち







スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ