『和樂』2017年04・05月号「茶の湯★レボリューション」






今さらながら、『和樂』2017年04・05月号「茶の湯レボリューション」(1,500円/小学館)



前号はウチの近所の書店で見つけて購入したのだが、本号はウチの近所の2店では売っておらず、やむなくアマゾンで購入することに。



今回の特別付録“和ごころ” お花見セットということで、
・懐紙 『若冲画譜 山桜』(10枚ぐらい?)
・コースター『冨嶽三十六景 凱風快晴(赤富士)』(1枚)
・コースター『冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏』(1枚)
正直、コースターを「煎茶の翠が映える白磁の茶碗や、ぬくもりのある土ものの湯呑み、あるいはグラスを置いてもGOOD SENSE !」(本文より)とは思わんが(笑)。
まぁ、北斎好き、浮世絵好きの知り合いにお茶を出すときにはハナシのタネにはなるかも。
懐紙のほうは、いろいろ用途はありそうだ。サイアク鼻擤みにはなるだろう(笑)。
とはいえ、このテの付録ってどれぐらいの人が使っているのだろう。ワタシはなんかもったいなくて使えない。

・・・と、こんなことを書いていたら、『和樂』編集長の対談が・・・。

クラシコムジャーナル:バカバカしさだけが人々を熱狂させるコンテンツになる!『和樂』編集長 高木史郎 ×「北欧、暮らしの道具店」代表 青木耕平 対談前編

これを読むと、『和樂』編集部のオマケへのコダワリをはじめ、本誌をいかに愉しんで編集しているかが分かるので、ぜひ一読を。



さて、巻頭大特集「茶の湯レボリューション」

「名茶碗 vs 世界のアート 十番勝負」
曜変天目茶碗とゴッホの『星月夜』を比較したり、長次郎の黒楽茶碗とフェルメールの『真珠の耳飾の少女』を比較したり。ほかには古田織部の茶碗とピカソ『泣く女』、野々村仁清『色絵鱗波文茶碗』とクリムト『接吻』など。
これらの組み合わせがなかなかオモシロイ。

続いて「利休の革命」
5つの革命を紹介している。
一、唐物の高貴で華やかな輝きを削ぎ落とした
二、なんと! 魚籠を花入に見立てた
三、わび茶を楽しむシステムを確立
四、茶の湯の趣向を禅に託す
五、好みの形がブランドになった
が、よく読むと、ちょっと無理くり感がなくもない。
利休の前には村田珠光、武野紹鴎がおり、本誌の茶の湯革命ヒストリーを読むだけでも利休の革命とするにはどうかという疑問符がつく。本誌記事のどこがどこまで正しいかは分からないが、5つの革命はセレクトが間違っているような・・・(笑)。

「日本美の神髄! 茶室の大研究」
「茶の湯 550年の革命史」
「茶の湯ライフで毎日の幸せ革命」
「国宝級の名碗が一堂に! 2017春の「茶の湯」展覧会速報」
「これが細川護煕流、お茶の愉しみ方です」


と続く。茶の湯の流れを学ぶにはいいかもしれないけれど、そもそも茶道のオーソドックスな作法の紹介がなかったことと、現代人(特にワタシのような庶民)が茶道をどう採り入れるかについてのアドバイス的なものがないところが残念。そもそも大名レベルがたしなんだ茶の湯を庶民が真似すること自体がやや問題アリなのか。いまの日本は身分/階級制度が一応なくなっているので微妙なところだが、やはりそれなりに何らかの格差はあると思う。

なお、元内閣総理大臣の細川護煕氏、首相にするにはもったいないほどの粋人のようで(笑)。自筆の書の写真もあるが、達筆(だと思う)。



「絶景鉄道でGO!」

「桜の絶景鉄道6番勝負」
「全国絶景鉄道ベスト5」
とあり、なかなか見事な写真がいっぱい。



「GYOSAI, the Great!」

「ゴールドマン・コレクション これぞ暁斎!」展のコラボ企画。
河鍋暁斎は「幼少期に歌川国芳に入門した後、狩野派に学び、19歳の若さで一躍、頭角を現しました。流派に囚われず、あらゆる技法を駆使した筆力の鋭さは、あの伊藤若冲に匹敵すると昨今、鋭い注目を集めています。ここでは、そんな河鍋暁斎の知られざる画業を独特のユーモアに彩られた名作からひもときます。」とある。
掲載されている絵を見ると、擬人化した動物もあれば、当時最新の汽車もある。繊細緻密な絵もあれば、大胆で勢いのあるシンプルな筆致の絵もあり、多彩。



こんな感じで本号もなかなか興味深い内容デシタ。






スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ