『CAPA』2017年04月号





『CAPA』2017年04月号。今月も dマガジン で購読。


表紙&裏表紙のモデルは都丸紗也華サン。
モンスターストライクのCMで一躍注目されましたなぁ(笑)。

モンスターストライクのCM:都丸紗也華 cm モンスト 女の子 赤ビキニ 曲 モンスターストライク


巻頭特集「NEW ミラーレス購入ガイド」
冒頭はオリンパス OM-D E-M1 Mark II と パナソニック LUMIX GH5 の連写性能比較。昨年はキヤノンとニコンのフラッグシップ機で似たような企画があったような気がするが、それがミラーレスに移ったということか。
実際のところ、E-M1 II では 18コマ/秒(静音L)、GH5では 30コマ/秒(6K PHOTO)が可能であり、一眼レフフラッグシップ機を上回っているのだから当然か。
ミラーの可動がない分、ミラーレス機は連写に有利なのは誰の目にも明らかだが、欠点とされたEVFの遅延/ブラックアウトも改善されてきたようで、今後の進化が楽しみだ。もちろん、キヤノン・ニコンも遅くとも東京オリンピック前にはとんでもないフラッグシップ機をミラーレス(あるいは似た機能)で発表するとワタシは見ている。
記事では上記2機種だけでなく、フルサイズミラーレス機からAPS-C機までをカバー。


特集2「3600万画素オーバー機 描写力徹底検証」
実写比較されているカメラは次の通り。
・ソニー α7R II
・リコー ペンタックス 645Z
・リコー ペンタックス K-1
・キヤノン EOS 5DsR
・ニコン D810
・富士フイルム GFX 50S
ハッセルブラッド X1D がテストされていないのが残念ではあるが・・・。
解像力、階調再現性、感度特性の3つでテストされているが、総合評価はGFX 50Sが★5つ。★4つ半が645Z、★4つが α7R II と 5DsR。D810は★3、K-1は★2つ半という結果に。まぁ、順当とも言えるが、K-1がちょっと残念。
どのようなセッティング・方法で撮影されたかが詳細ではないので何とも言えないが、超高画素機もミラーレスでないと画質に影響が出てくるだろう(AF精度・ミラーショックなど)。そう考えると、連写性能と共に今後はミラーレスが優位になりそうな気がする。



特集3「「春の里山」は構図&アングルが決め手!」
ワタシ的にはスルー(失礼!)。それなりに綺麗な作例が紹介されているが、小さく掲載されているのであまり感動ナシ。


「春の撮影シーズン到来! ゼッタイ手に入れたい撮影グッズ61」
三脚・一脚、ストロボ、プリンター、モニター、カメラバッグなどを紹介。ワタシ的に食指を動かされるアイテムはなかったけれど(笑)。



『CAPA』4月号はこんなところで。







スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ