韓国TV歴史ドラマ『六龍が飛ぶ』が面白かった!







ワタシが住む三重県ではTV愛知が3月から5月の朝8:15から9:30まで放送していた韓国歴史超大編ドラマ。
高麗末期の堕落・疲弊した社会に反旗を翻し、朝鮮を建国する改革派の戦いの物語。1時間15分で全50話。
中心となるのは地方武将の五男イ・バンウォンと改革の中心となる儒者チョン・ドジョン。さらにイ・バンウォンの父イ・ソンゲ、剣士タンセ(イ・バンジ)、ムヒョル、平民女性プニを加えて六龍としている。
ただ、オリジナルではこの6人だが、日本語版ではイ・ソンゲの代わりにタンセの恋人ヨニに入れ替わっており、ワタシ的には正解のような気がする。
なお、ストーリーではチョン・ドジョン、ヨニは非業の死で終わり、なかなかスゴイ展開の物語。

物語はイ・バンウォンの幼少期に始まり、若くして儒者チョン・ドジュンの薫陶を受けて新しい政治・国家を目指してそれぞれが政治的にも武力的にも格闘する。
政治的な面では敵対する面々がそれぞれの思惑で舌戦を戦わせるところが一つの見どころ。
また武力的な面では剣士タンセ(イ・バンジ)、ムヒョル、キル・テミ、キル・ソンミ、チョク・サグァンの殺陣があちこちで見られて素晴らしい。
一方で残酷なシーンもたくさん見られ、少女時代のヨニが地方役人に蹂躙されたり、村人たちが虐殺されたり。一方で高級官僚も虐殺されたりする。表現はある程度押さえられているものの、なかなかヘビーというかグロいシーンもあり。
また、イ・バンウォンとプニ、タンセ(イ・バンジ)とヨニの純愛シーンは物語のあちこちで見られ、キュンとする。

理想国家を目指したイ・バンウォンとチョン・ドジョンは途中で道を分つことになり、ドジョンはバンウォンに討たれ、バンウォンは最終的に朝鮮第3代国王となる。一方でなりふり構わぬ謀略に側近のムヒュルやプニに去られてしまう。

時が移ってプニが久しぶりに朝鮮本土に戻ってみると、庶民はたった28文字のハングル文字で読み書きすることを学んでいることにビックリする。プニの師匠とも言えるチョン・ドジュンは民の声を訊く手段がないと最後まで嘆いていたが、それをイ・バンウォンの息子が解決したということになる。誰もが笑顔となる政治を目指していたバンウォンはいつのまにか自身の出世のために恐怖政治を強いていたが、最後には理想国家を作り上げたというハッピーエンド。

正直なところ、前半の回では残虐なシーンが印象に強過ぎてイマイチな気がしていたのだが、回が進むにつれて面白みが増し、後半では1話を3〜4回繰り返し観ることも(笑)。
改めて第1話から見直しているが、前半の細かい一言やシーンが中盤・後半で活きており、脚本の細やかさに驚かされる。

とにかく面白かった。



関連サイト:
韓国ドラマ『六龍が飛ぶ』 - BSフジ
【「六龍が飛ぶ」を2倍楽しむ】(各話あらすじ、見どころ、キャスト、時代背景など)
ユ・アインとの共演にワクワク!【六龍が飛ぶ】プニ役シン・セギョン紹介&オフィシャルインタビュー(前半)!予告動画
日本に旅行ではいつも満たされます!【六龍が飛ぶ】シン・セギョン オフィシャルインタビュー(後半)!予告動画

スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ