2017年5月29日 キヤノンプラザSで新レンズを触ってきました!


ニコンミュージアムのあとはキヤノンプラザSで新レンズ体験。
触りたかったレンズは・・・
● EF-M 28mm F3.5 MACRO IS STM
● EF-S 35mm F2.8 MACRO IS STM
● EF 16-35mm F2.8L III USM
● EF 24-105mm F4L IS II USM

以前に5D4発表イベントで16-35/2.8IIIと24-105/4 IS II を触らせてもらったが、発売前なので自前カメラで実写することはできなかったので、今回は5Dsと7D2を携えて。

過去のエントリー:キヤノン「FiveGraphy セミナー」で5D4に触ってきました!





EF-M 28mm F3.5 MACRO IS STM(写真ナシ)/EF-S 35mm F2.8 MACRO IS STM

マクロレンズ2本はレンズ先端にLEDライトが内蔵されているのが大きな特徴。
どちらも等倍撮影が可能な標準マクロ(EF-Mのほうは1.2倍のスーパーマクロモードあり)。
LEDライトは鏡筒のボタンを長押しすることで両灯・右・左・無灯を切り替えられるのだが、ちょっと慣れが必要な感じ。また、LEDライトの位置は固定されているのが残念。90度回転すれば、ライティングの自由度が広がるのに。また、左右で光量調整ができないのも残念。

キヤノンのサイト:EF-S 35mm F2.8 MACRO IS STM 製品マニュアル(11-12ページ)

EF-S 35mm F2.8 MACRO IS STM はまだ発売前だったので、自前の7D2に装着させてもらえなかった。





続いて EF 16-35mm F2.8L III USM
すでに発売となっているので、自前の5Dsに装着して試写。
驚きだったのは画面隅々までキッチリ描写していること。色ズレのないこと。
歪曲は広角側でわずかに樽型、望遠側でわずかに糸巻き型ながら、目くじらを立てるほどのものではない。
初代レンズはカメラの画素数が低い時代だったので性能に不満を感じなかったのだが、2代目の時代はカメラの画素数が上がってレンズ性能が遅れていた。2代目ユーザーは本レンズにリプレースすべきだろう。
レンズフードがコンパクトになったことも実用上グー! 問題はお値段ですな(笑)。
開放F値が明るいので室内スポーツなどに便利なのだろうけれど、ワタシ的には最近広角ズームを使用することがほとんどなくなり、24-70mmで大抵済ませている。
また、EF 16-35mm F4L IS USM を持っているので、一般用途では手ぶれ補正機構内蔵のこちらのほうが便利。F2.8を買うカネがないというのが一番大きいが(爆)。
一般論としては買うカネがあるならば、性能的に十分満足できるレンズだろう。





最後に EF 24-105mm F4L IS II USM
こちらも自前の5Dsに装着して試写。
レンズが繰り出すのでズームリングは重め。ただ、ズームロックボタンはあるけれど使う必要はなさそう。
近接撮影に強いのもグー。最短撮影距離:0.45mで最大撮影倍率:0.24倍(105mm時)。
試写時は非常に好感を持ったのだけれど、自宅で画像を見てガックリ。広角端でも望遠端でも色ズレがみられた。
手ぶれ補正は約4段となっているが、5Dsで1/40秒ではほぼ微ブレがみられた。ワタシの写し方が悪かったのかもしれないが、あまり手ブレ補正機構をアテにできないなぁと。
画質にこだわらない便利ズームとして考えればいいかもしれないが、それならEF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM というモデルもある。値段も半値なので、望遠端の開放F値が暗くていいなら、こちらを選ぶほうがハッピーかも。



こんなところが今回の試写結果でございマシタ。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ