『アサヒカメラ』2017年07月号





『アサヒカメラ』2017年07月号


特別付録『MIRRORLESS STYLE Vol.5』
今回は山岸伸氏がオリンパス OM-D E-M1 Mark II、河野英喜氏がパナソニック LUMIX GH5 でポートレート作例。
ほかにスポーツでのGH5のAF性能レポートや、ミラーレスカメラで旅に行く!カメラ女子の本音など。




「人物撮影大全2017」
大御所から新進気鋭のフォトグラファーまでが人物写真の作品・作例を紹介。
元モデルで現フォトグラファーの片岡三果氏がモデル目線での撮られる側のキモチを紹介すれば、河野英喜氏と大貝篤史氏がモデルを撮る側の心得を指南。
その他諸々の内容で73ページの大特集となっている。


「「盗撮冤罪」から身を守れ」
「写真好きのための法律&マナー」シリーズの第4弾。なかなか興味深い記事。
弁護士、元刑事、写真家がそれぞれの見解・経験を語っている。街でスナップ写真を撮影するご仁はご参考に。
弁護士さんの見解のページでは、いろいろなケースをキッチリ分類していて分かりやすい。
1.被写体の承諾があるケース
2.被写体の承諾はないが、肖像権侵害・迷惑防止条例違反ではないケース
3.被写体の承諾はなく、肖像権を侵害しているケース(グレーゾーン)
4.被写体の承諾はなく、刑罰のある法律や条例に違反するケース(クロ)
1と2は問題がないし、4は問題外なので、問題となるのは3なのだが、実際にトラブルとなった場合の対処法も述べている。
ワタシ自身はスナップ写真は面白いと思うものの、自分の撮影行為が他人を不快にさせるようなことはしたくないので、極力1かせいぜい2で収まるような撮影を心がけている。
3のケースにおいてその写真が何かの誌面を飾って報酬を得るとか、コンテストで入賞したと仮定すると、被写体にも分け前を与えてしかるべきではないか? つまり、相手の肖像権を侵害していて自分だけ利益を得るのはずるくないか?ということだ。どうですかね?


「フォールアウト 汚染された地に生きる」
関根学氏の作品&解説。
福島原発の爆発により強制非難を余儀なくされた飯館村を撮影。7年経っても例祭に集まる村民を撮影し、「住民たちの祈りが続く限り、この地が完全に自然の手に渡ってしまうことは決してない。」と締めくくっているが、一方で道路に出没する狐や猪、雉、ノスリも撮影。
ワタシは作者の意図に反し、人間はこれらの動物から住処を奪ってきたのか、という思いを抱いてしまった。別に飯館村の人々を非難するつもりは全くなく、人類全体が他の動植物の住処を狭めているのだなぁと改めて思った次第。
最近はタケノコ狩りで熊に襲われたとか、猪が畑に出てきて作物を食い荒らすとかのニュースを目にするが、人間が彼らの住処を狭めているのだから当たり前。共存できる方法はないかと思うのだが、人間は強欲だからまずムリだろう。


「NEW PRODUCT FLASH」
興味深かったのがLAOWA社のマジックフォーマットコンバーター
キヤノンレンズ/ニコンレンズを富士フイルム GFX50Sに装着するためのアダプター。素通しのマウントコンバーターではなく、1.4倍のテレコンバーターなのだが、GFX50Sのイメージサークルを保証しているというところか。
GFX50Sは各誌でかなり高評価のカメラだが、レンズラインナップが今のところ貧弱なのが問題。
多くのプロがキヤノンかニコンのいいレンズを持っているだろうから、とりあえず間に合わせでもそれらが使えるなら有り難いだろう。
このコンバーターがどの程度までのレンズに対応できるか分からないが、魚眼レンズとかアオリレンズ、望遠・超望遠レンズまで対応できるとすれば朗報だろう。
価格・発売時期は未定。


『アサヒカメラ』7月号はこんなところで。


スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ