キヤノン EOS 5D Mark IV インプレッション






全日本実業団バドミントン選手権大会・秋田大会がキヤノン EOS 5D Mark IVのデビュー戦となった。以下、レポート。


操作系
ボタン・ダイヤル類、メニューなどは 5Ds、7D2 とさほど変わらないので、取扱説明書を全く読まずに実践投入(笑)。
大きな違いと言えば、液晶モニターがタッチ式になったので、クイックメニューでの設定変更のときに、指でダイレクトに設定項目を選べるのが便利。
また、撮影画像を拡大したときも、スマホ感覚で表示部分を指で動かせるのが便利。


AF
5D4は1DX2と同じ最新のAFシステム(61点高密度レティクルAF II・EOS iTR AF)を採用しており、ファインダー撮影においても測距エリア選択モードを「自動選択」にした場合、顔認識AFが可能となる。
今まで「自動選択」はあまり当てにならない印象で、ほとんど使ってこなかったが、今回は撮影の9割がこのモード。最初にどの測距エリアにAFを合わせるかはマルチセレクターで選べる上、激しい動きで被写体をその測距エリアから外してもカメラが被写体を追い続けてくれるので、これまで使用してきた「領域拡大(任意選択)」モードよりもねばってくれる感じ。

一方で、「自動選択」モードで一旦ピントが合ったのに、その後外れてしまうケースが何度も見られ、イライラしたことも。このモードはもう少し使い込んでAFのクセに対応しなければならない。

あと、「領域拡大(任意選択)」モードでは、測距エリアを選んだ後、マルチセレクターを押し込むと中央に測距エリアを戻し、さらにもう1度押し込むと元の測距エリアに戻るのだが、「自動選択」モードではこの操作ができない。マルチセレクターを1度押して中央に測距エリアを戻すことはできるが、もう1度押しても元のエリアには戻らない。これは不便なので、ファームアップで対応してほしい。7D2でも試してみたが、同様だった。
色々書いたが、トータルでは5Dsよりもピントの歩留まりはいい印象なのは間違いない。


連写性能
5D4の連写性能は最高秒7コマ。5Dsの秒5コマと7D2の秒10コマの中間だが、撮影中のフィーリングとしてはワタシ的には快適。スマッシュ時に連写すると、5Dsよりも1枚多く撮れる感じ。本当はもう1枚ぐらい多く撮れると有り難いのだが、欲張り過ぎか。まぁ、3,000万画素カメラですからなぁ(笑)。連写性能最優先なら7D2か1DX2を使えということ。


画質
普段はISO3200か6400で撮影するところ、今回はISO6400と12800を使用。
正直なところ、大伸ばし目的ならISO12800は使いたくないという印象。カラーバランスは崩れていないので大きく拡大しない前提であれば問題なく使えるが、輝度ノイズが大きく、大伸ばし目的ならISO6400にとどめたい。
さらに滑らかな画質にするにはISO1600まで落としたいところだが、今度はカメラブレ・被写体ブレで歩留まりが悪くなるのであまり使えない。


トラブル
ワタシの5D4は新品ではないので少々使われているのではあるが、それほど使い込まれている感じではない。
今回、3日間使用して起こったトラブルは以下の通り。
・突然液晶画面が操作不能になる(3回程度)
・突然液晶画面がブラックアウトする(1回)
・突然レンズとの通信エラーが起きる(2回程度)
電源を切って回復することもあれば、そうでない場合は電池を抜いてまた戻せば大抵回復した。それでも回復しない場合もあったが、何度か同じ操作をして事なきを得た。


こんなところが5D4の印象でゴザイマス。もう1台の7D2は高感度での画質が5D4に比べて悪いのであまり使いたくない。今後は5D4がメインで7D2はサブ。というか、7D2は故障時の予備カメラになりそうな感じ。



SMASH & NET.TVの記事:
【全日本実業団】決勝進出はトナミ、ユニシス(男女)、そして北都銀行!!
【全日本実業団】日本ユニシスがアベック優勝!!!



 


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ