FC2ブログ

『CAPA』2017年10月号





続いて、今さらながら『CAPA』2017年10月号


表紙&裏表紙橋本マナミさん。



「ニコン D850」
17ページの大特集。D850といえば超高画素と連写性能が目玉だが、高感度画質やフォーカスシフト撮影などについても細かく解説している。


「俺のレンズ!!」
プロ22名がそれぞれ頼りになる1本と作例を紹介。
トップバッターの立木義浩氏はキヤノン EF-M 22mm F2 STMを紹介。作例で使用したカメラはEOS M5。ほろ酔い気分で夜のスナップに最適の組み合わせのようで。
続いて水谷章人氏は同 EF 400mm F4 DO IS II USMを紹介。80歳には一脚不要で撮影できるコンパクトな超望遠レンズが便利とのこと。まぁ、センセイのことだから自腹は切らずにキヤノンから無制限・無償貸与されているんだろうけど(笑)。
ちなみにセンセイは先の「ダイハツ・ヨネックス ジャパンオープン2017バドミントン選手権大会」にもお越しになって撮影されておられマシタ。

また、増田賢一氏が「時代を作った名玉」というタイトルで、標準〜望遠単焦点レンズ、高倍率ズーム、サンニッパレンズの歴史について解説。懐かしく、興味深く読んだ。



「伊達淳一のレンズパラダイス」
今回はシグマ 14mm F1.8 DG HSM Art同 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art
前者の性能は高くていいレンズのようだが、ワタシ的にはスルー。興味があるのは24-70mmのほう。キヤノンの EF 24-70mm F2.8L II USM は高性能だが手ぶれ補正がないのが欠点。シグマは4段分の手ブレ補正機構内蔵でピントリングとズームリングの回転方向がキヤノン純正レンズと同じなので、キヤノンユーザーにとっては要注目。
タムロンも手ブレ補正機構内蔵の同スペックレンズをリニューアル。シグマよりも価格設定が安いが、ピントリングとズームリングの回転方向がキヤノン純正レンズと逆方向なので、気になる方もいるだろう(ワタシもその一人)。ニコンユーザーにはタムロンのほうがいいかも。



『CAPA』2017年10月号はこんなところで。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ