EF24-70mm F2.8L II USM 修理顛末


 




EF24-70mm F2.8L II USM を修理に出した。ずいぶんと前からズームリングのゴムが伸びてしまっていたのだが、実写には関係ないので閑散期を待っていた次第。
しかも、9月のダイハツ・ヨネックス ジャパンオープン2017で使用したところ、片ボケが見られるようなので、それのチェックも兼ねて。

10月2日 実際にアクション。ネットで「らくらく修理便」というものを利用して修理依頼。

10月5日 ヤマト運輸が修理品を引取り。

10月10日 キヤノンマーケティングジャパン 大分修理センターよりメール。

「【ご指摘内容】
(1)ズームリングのゴム交換
(2)ピントの片ボケチェック

【確認内容】
(1)ご要望を承りました。ズームリングゴムの交換をさせていただきます。
(2)ピント精度の点検にて承りました。

お見積り金額:¥12,592(税込)
※らくらく修理便ご利用料金¥1,620(税込)を含みます。修理キャンセルの場合もご利用料金が発生します。

修理進行、中止のご登録をいただきましてからの手配となります。
処理状況、ご登録いただいたお時間等により、修理着手が翌日になる場合もございます。
修理着手後、1週間から10日の修理期間を予定しております。
※修理の状況により、修理期間が前後する場合がございます。」
(文面一部省略あり)

これに対して修理進行OKのボタンを押した。このとき完了予定日を確認しなかったが、「修理着手後、1週間から10日の修理期間を予定しております。」という文言があったので、あまり気にしなかった。

実は、修理に出した後に10月22日の仕事が入ってきて、慌ててネットで修理進行の確認をしたところ、完了予定日が10月24日という表示に。ここでネットに表示されている電話番号に直接電話して早期対応を依頼していれば早く修理されたのかもしれないが、他のお客さんも早い修理を待っているわけで、あえて電話はしなかった。

となると、24-70mmが手元になくては22日の撮影に支障をきたすというわけで、シグマ24-105mm F4 を購入するに至った。

10月12日にキヤノンからはさらに

「【確認内容】<追加>
(2)ピント精度の点検を行った結果、ピント片ボケの要因といたしましては、マウント及びズームリングの変形、固定筒の破損であることが分かりました。
   マウントユニット、ズームリングユニット、固定筒ユニットの交換をいたします。
(3)マウントゴム破れの為、マウントゴムを交換いたします。

お見積り金額は以下の通りです。
お見積り金額¥24,662(税込)」



なんか、ぼったくりバーに足を踏み入れたが最後、どんどんカネをむしり取られる感じだったが(笑)、カネを支払わねばどうしようもないので、その日にネットでそのまま進行を指示。
まぁ、ぼったくりは言い過ぎにしても、それなりの高級レンズの修理だから、まぁ、こんなものかという感じで諦めていたのだが、実際は・・・

10月19日に修理品が到着! これなら22日の撮影に間に合うじゃん!

普通に考えれば、24日に完了予定の修理品が19日に手元に届けばハッピーなのだろうけれど、今回、ぜんぜんそんな気持ちにはなれなかった。それはキヤノンマーケティングジャパン 大分修理センターが修理完了予定日を19日とか、少し余裕を見て20日と表示してくれていれば、ワタシはシグマ 24-105mm をあえて購入する必要はなかったワケで、非常に不愉快な気持ちが残った次第。
これなら2回目の見積もり了承時に直接修理センターに電話して早期修理のお願いをして納期確認したほうが良かったのかなー。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ