FC2ブログ

2017.10.22 バドミントン インカレ2017団体戦 撮影後記



仕事で首題の撮影。
台風21号接近の中、クルマで愛知県一宮市のディアドラアリーナまで。
ここはかつて退出時間が遅くて駐車場のクルマが閉じ込められた経験があり、トラウマがあるのだが、今回はその点に関しては無事だった。むしろ公共交通機関の運行にトラブルが見込まれる中、少々の危険は感じながらも自宅と会場を無事に往復できた。

22日は団体戦男女の準決勝と決勝。合計6試合のみとなるが、1つの団体戦が2複3単の3マッチ先取なので、最低3x3x2=18試合、最大3x5x2=30試合となる。
試合数が多いのは全然問題ないのだが、準決勝は16面とれるアリーナの中央8面のみを使って単1・単2と複1・複2が同時並行で行ない、コートに空きを作らないやり方。しかも「試合コート間のコートサイドにカメラマンは入ってはならぬ」旨が伝えられたため、真っ青に。バドマガカメラマンは中央4面のコートは捨てて端の4面の試合を撮影。ワタシは全試合を撮影する使命があったため、2階席から撮影することに。

さらに問題なのが得点板表示。普通、対戦先取の名前を得点板に吊るすものだが、今回はまったくナシ。つまり、(対戦校の表示はあるものの)誰と誰が対戦しているかは観客には分からない。ワタシにとっても同じことで、撮影する分にはさほど問題ないものの、あとでマッチングさせるときにかなり神経質にならざるを得ない(現実に記事で人名誤表記をしてしまった)。

その上、通常、得点板はアリーナ中央に設置されるが、女子コートは壁側に設置されてしまったため、女子コート側の2階席からはそれが見えない。つまり試合進行がわからないまま撮影しなければならないということで、これまたストレスが溜まってしまった。

そもそも2階席からの撮影で全員を撮ろうとすると、2階席を最低2周はしないと撮れない。そんな苦行をしながらなんとか準決勝を撮影終了。

決勝はすべてアリーナで撮影。得点板問題は残るものの、撮影はすこぶるラク!(笑)。
ただ、大学の学生新聞の記者と思われる人が何人か撮影していたのだが、撮影ポジションが我々と違うのに困った。
プロはコートサイドのなるべくコートに近いところで標準ズーム(など)で撮影するが、学生新聞の記者さんたちはEOS Kissに望遠ズームというような組み合わせで選手全身を撮りたいのか、かなりコートサイドの後ろに座って構えている。どの場所でどのようなアングル・表現で撮影しようとその人の自由だが、譲り合いの精神で考えると、最初にコートサイドの後ろに座られると、邪魔にならないスペースが全くなくなってしまう。
最初はなるべく邪魔にならないように同じような位置で撮影していたが、これでは仕事にならないので、後半は彼らのなるべく邪魔にならない範囲で前に出て撮影。

撮影機材は2階席ではキヤノン EOS 7D Mark II + EF 70-200mm F2.8L IS II USM
アリーナではキヤノン EOS 5D Mark IV + シグマ 24-105mm F4 DG OS HSM という組み合わせ。

いずれも手持ち撮影だが、2階席の撮影はピントの歩留まりが悪く、イライラ。7D2(JPEG-L/20Mpix)はISO6400で撮影したが、ISO12800の5D4(JPEG−M/13Mpix)のほうが画質が良いように見られた。
今回、大伸ばし用途の予定がないので5D4のファイルサイズはJPEG−Mにし、レンズの開放F値が暗いのでISO12800にしたが、ネット上での表示には十分すぎる画質。
24-105mmレンズに関しては、やはりズームリングの重さがちょっと気になった。AF精度や速度は特に良いとも悪いとも思わなかった。7D2 + 70-200mm との組み合わせで24-105mm、112-320mmとほぼ継ぎ目なくカバーできて良かったとは思う。

試合内容は男子準決勝の2カードが単3まで回る接戦。さらに個別の10試合がファイナルゲームにもつれ込んだ。
仕事的には「さっさと勝敗を決めてくれ!」という気持ちがなくもないが(笑)、試合内容としてはかなり面白かった。
ちなみに男子は早稲田大学が24年ぶりの優勝、女子は筑波大学が4連覇という結果。


とりあえず、こんなところが今回の感想でゴザイマス。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ