FC2ブログ

『カメラマン』2017年11月号




『カメラマン』2017年11月号





別冊付録『アニマル・撮影ポケットガイド』
イヌ、ネコ、ウサギ、動物園、水族館、野生動物の撮影を小川晃代氏が指南。


表紙&「倉繁利の女優びより」のモデルは森川葵さん。
雑誌『Seventeen』の専属モデルから女優になった方のようで。映画『恋と嘘』でヒロイン。
ワタシが手にした一冊は表紙も「倉繁利の女優びより」のページも黒がドスンと落ちていてイマイチ。ま、それ以外でも同様のページがあるので、印刷上の問題か?

「激論!! 愛のあるカメラ選び!」
山田久美夫、河田一規、赤城耕一、落合憲弘、豊田慶記、阿部秀之の各氏がメーカー別にカメラをあれこれ言い合う座談会記録。
それぞれのメーカーの現行機種について、いい面や悪い面を忌憚なく語っているので、まぁご参考に。ただ、メンバーが中高年で重いカメラを持ちたがらない人が多く、スポーツ、レース、野鳥、野生動物など高速カメラ&超望遠レンズが必要な分野については語っていない。

「カメラマンヒストリー 前編」
中藤毅彦氏と河野英喜氏をピックアップ。2人ともワタシよりちょっとだけ若いので、小中高校時代の写真などは自分のアルバムを見ているよう(笑)。

「マウント別レンズテスト2017」
3号続けてキヤノンレンズ。ワタシ的にはOKだが、他メーカーユーザー的にはどうなのでしょうな? 毎号違うメーカーのレンズをテストしたほうが良いように思うが。
それはさておき、今回のテストレンズは次の6本。
・EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM
・EF 70-300mm F4-5.6L IS USM
・EF 28-300mm F3.5-5.6L IS USM
・EF 8-15mm F4L フィッシュアイ USM
・EF-S 55-250mm F4-5.6 IS STM
・EF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS

EF 28-300mm F3.5-5.6L IS USM は13年も前に発売されたレンズ。ワタシも使用したことがあるが、レンズメーカーが発売しているお手軽高倍率ズームとは全く別モノ。報道やスポーツのプロ向けに開発されたのだろうが、1,670gはかなり重いし、描写も・・・。このレンズをテストレンズに選んだ理由が分からない。
同様にEF-S 18-200mm F3.5-5.6 IS も発売後9年経っており、今さらな感じ。むしろ買わないよう警告する意味では役立つ情報かも(笑)。

「どっちのレンズショー 第127回」。
タムロンSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)とニコン向けライバルレンズ。ライバルレンズは・・・
・ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
・ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED
・シグマ 24-70mm F2.8 DG OS HSM Art
結論はシャープネスだけならニコン E VR >シグマ > タムロン > ニコンG、周辺画質やコスパも含めたトータルバランスでは、タムロン > ニコン E VR > シグマ > ニコンGの順になるようだ。



『カメラマン』11月号はこんなところで。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ