FC2ブログ

『CAPA』2018年02月号






『CAPA』2018年02月号(dマガジンで購読)



別冊付録「高解像画像チェックシート」
dマガジンでも一応収録されているが、「解像度チェックシートは紙版の付録でのご利用を想定しております。電子版では仕様上、性格にチェックできません。」と注釈が。



表紙特撰グラビアのモデルはほのかサン。
全く知らないモデルさんながら、特技に「バドミントン」とあり、ちょっと興味が出た。他の特技「ビールを売ること」がちょっと笑える。



特集1「一眼レフ vs. ミラーレス 大決戦!!」
現状での一眼レフとミラーレスの優位点・ウィークポイントを紹介。現在はまだ一眼レフが優位な点もいくつかあるが、10年後には一眼レフは時代遅れ、20年後には「一眼レフなんてカメラがあったなぁ」ということになるとワタシは予想。


特集2「人と街を撮るスナップ写真」
ワタシ的にはスルーな内容ながら、扉ページのカンヌ国際映画祭でセキュリティの黒服を撮った写真はオモシロイ。イカツイみんながニッコリとサムアップしていて、地域性を感じさせる。


特集3「月の風景を撮る・月光の演出で撮る」
1月31日は皆既月食ということでの企画。ワタシ的にはスルー。


特別企画「マイクロフォーサーズ頂上決戦」
パナソニック LUMIX G9 PRO とオリンパス OM-D E-M1 Mark II の実写対決。
35mmフルサイズに比べると小さいセンサーながら、高感度画質はずいぶん改善されているようで、ISO3200までは実用感度としている。なによりも両機は一眼レフを凌ぐ連写性能を誇っており、AF追従でも秒20コマ(G9 PRO)、秒18コマ(E-M1 mk2)が可能で、AF固定では秒60コマが可能。そしてフルサイズに比べてシステムがコンパクトになることもメリット。
G9 PROのほうが新しい機種だけあってやや優れている結果になっている。だが、近頃オリンパスとパナソニックが自社レンズとの組み合わせで独自性能を出せるようになってきており、使用するレンズが何かによっても評価が変わってくるようだ。せっかくの共通マウントの良さがだんだん失われつつあるように感じられる。パナソニックカメラにオリンパスレンズを装着しても、その逆でも同じ性能が出るように、両社仕様を公開してほしいものだ。


「2018年初夢 新型カメラ大予言」
毎年恒例の企画。

キヤノンでは EOS 7D Mark III と EOS 5DsR Mark II を予想。7D3はいずれ発売されるだろうが、2800〜3,000万画素というのはどうだろうか? 一般に高画素化は高感度画質の低下を伴うので、評価は分かれるだろう。
バリアングル液晶モニター搭載はニコンD500対策としては妥当なところ。どうせなら全機種に搭載してほしい。

5DsR2は撮像エンジンをDIGIC7にして連写速度を秒7コマにアップ、画素数据え置きでデュアルピクセルCMOS II センサー搭載を予想。これだとマイナーチェンジ版という感じで売れそうな感じがしない。いっそミラーレスにして秒10コマにすればいい。顔認識・瞳認識AFも搭載必須。こうなると、5Dシリーズ3機種が全部まとめられて5D Mark V 相当になってしまうが(笑)。

ニコンでは D760 と D5X を予想。
D760 は3,600万画素センサーでバリアングル液晶モニター搭載など。ワタシ的には発売は疑問。
D5X はD5ベースのプロ仕様ボディでD850と同じ4,500万画素センサー搭載、秒10コマなどの仕様。これは絶対ないな(笑)。D850で十分だろう。

さらに記事ではキヤノンとニコンの新ミラーレスについても言及。ニコンはフルサイズ上級機種(仮称:D900M)で新マウント採用、キヤノンはエントリークラス(仮称:EOS Kiss M)からの登場としている。
ウワササイトではニコンの「Zマウント」なるものの特許情報が紹介されているので、いずれかの時期に発表されるのではないかと思う。
キヤノンは結構保守的なので、エントリークラスを先に出すという可能性はなくもないが、EOS Kiss をミラーレスで出すなら、それと現行のMシリーズと差別化ができるのだろうか? 極端に言えば、7D後継機まで含めてAPS-Cカメラは全てミラーレスにしてもいいのではないか?(フリッカーレス機能はミラーレスでも搭載してほしい)。

他のカメラメーカーの新機種予想もしているが、省略。

レンズについてはタムロンがフルサイズ用24-135mmの復活を予想。固定絞りではなくF2.8-4.5とかF3.5-F5.6といったスペックを期待・予想しているが、ワタシ的には24-200mm F3.5-5.6あたりのフルサイズ高倍率ズームの新機種をどこかが発表してほしいところ。現状ではタムロンが28-300mm F3.5-6.3を販売するのみでシグマも発売していない。キヤノンの28-300mm F3.5-5.6L IS USM はデカ過ぎて一般向けではない。

本記事はあくまでCAPA編集部の予想ということだが、むしろ読者から欲しいレンズのスペックを募集してはどうか? 焦点距離・絞り・最短撮影距離・重量・価格などといったところを常識的に考えられるところで読者に意見を聞くのもアリだと思う。

例えば、85mm F1.4あたりのハイスペックレンズは各社発売しているが、85mm F2とか2.8あたりでソフトフォーカスも可能なレンズであれば、価格優先のユーザーも、マニアのコレクション向けにも引っかかると思うのだが。

あるいはフルサイズ用低価格マニュアルフォーカス対角線魚眼レンズ。開放F値は5.6程度で。魚眼レンズは画質うんぬんの前にその歪曲描写が重要なので、スペックを落として1万円以下で発売すれば、そこそこ売れるのでは?



『CAPA』2月号はこんなところで。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ