FC2ブログ

超小型ドローンを買ってみました!『AirSelfie』




超小型ドローンを買ってみた。『AirSelfie』

ワタシが今後カメラの伸びる市場として注目しているのが、GoProのようなアクションカメラ、リコーシータのような360度写せるカメラ、そしてドローン。これらは高級一眼レフカメラでも撮れなかったアングルの写真が撮れる。

一方でドローンはそれなりのサイズのものになると色んな規制があるようで、本気で極めるつもりならまだしも、ワタシにはそこまでの根性はないので、とりあえずお手軽にドローンを楽しめるものを、ということで。

『AirSelfie』はクラウドファンディングで作られたものと記憶するが、本体はクレジットカードを一回り大きくしたぐらいのサイズで厚みは約1cm。電源ケースもスマホ(iPhone 6S Plus)ぐらいと、超コンパクト。
動画は Full HD、静止画は500万画素でそこそこのレベルだが、ネットにアップする程度なら十分だろう。
リモコンは付属しておらず、スマホアプリで操作するという仕様も、余計な機材が不要という点でワタシ的にはグー。
元々の価格は4万円超だったが、たまたまアマゾンでチェックしたら、並行輸入品で22,900円。
これも縁だと思ってポチった次第(笑)。





同梱物は次の通り。
・Air Selfie 本体
・保護カバー
・電源ケース(12600mAh)
・USBケーブル
・USBーマイクロUSBアダプター
・取扱説明書
・飛行前チェックリスト

Air Selfie 本体はアルミ筐体でなかなかスタイリッシュ。

実際に操作してみたところ、ドローンを操作することがかなり難しい。スマホアプリとドローンをコネクトしたあと、手のひらからふわっと持ち上げるとそのままビューンと舞い上がるのだが、そうなるまで何度も失敗。さらにスマホアプリで前後左右、上昇・下降などの操作ができるのだが、自分の期待通りには動いてくれない(笑)。撮影以前にドローンのコントロールに修練が必要なようだ。

動作音(プロペラ音)はコンパクトな筐体に似合わず結構大きめ。無音に近い状態で動くと思っていただけにちょっとガッカリ。

また、取説には書かれていないが、数回飛ばしただけでバッテリーが低下して動かなくなる。そのために電源ケースがあるのだろうが、本体バッテリーがちょっと貧弱なように感じた。

保護カバー(ゴム製)は、メーカーの良心として用意したのかもしれないが、ドローン本体が軽い上にプロペラも本体がカバーしているので、何かに当たっても深刻な問題にはならないだろう。
また、保護カバーをつけたままではドローンを電源ケースに差し込めないので邪魔なアイテムと言えなくもない。



とりあえず、ドローン操作を熟練させるのが当面の目標ですなぁ。



 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ