2018.03.01 CP+2018レポート(その2?)Phase One オープンイベント in みなとみらい(横浜) - 1億画素中判カメラ体験会 BUKATSUDO



厳密にはCP+2018のレポート(その2)とすべきではないだろうが、『Phase One オープンイベント in みなとみらい(横浜) - 1億画素中判カメラ体験会』がランドマークプラザ 地下1階の『BUKATSUDO』というスペースで開催されていた。夜7時までということだったので、閉場ぎりぎりに行ってみた。







「Phase One」はプロ向け中判カメラメーカーで、アマチュアには馴染みがないだろうが、スタジオ系プロなら誰でも分かるであろうメーカー。

CP+2018のブースではなく、少し離れたランドマークタワーのエリアでの1日限定開催イベント。
製品群が並べられていて、プロによるセミナーや外国人モデルを起用しての撮影体験も可能。
コンパニオン目当てのカメラ小僧(&オヤジ)らをはじめ、プロ向け機材に興味ない来場者を排除する意味ではいいイベントだったのだろうと思う。

ワタシもどちらかと言えばメーカーの対象外ユーザーだったのだが、来場者も適度な混み具合でイイ感じに接客していただいた。






実写もスタッフさんから奨められて体験。最初はデータがPCに記録されるテザー撮影だったが、データを欲しいと言うと、ワタシのCFカードをカメラに挿入しての撮影も許してくれた。なかなか太っ腹(データが特殊なRAWデータのため、実際はワタシのPCでは見ることができなかったが)。





会場の入り口横にはドリンクスペース。メーカーの工場が長野県佐久市にあるということで、佐久市の日本酒4種類が用意されていて飲み放題。なぜ佐久市かというと、カメラやレンズは佐久市で作られているからということ。この展示会でカメラ・レンズだけでなく、地元の日本酒のPRにもなればという思いらしい。
ちなみに振る舞われた日本酒は左から『菊秀 純米酒』(菊乃花酒造)、『佐久乃花 辛口吟醸』(佐久の花酒造)、『寒竹 特別純米酒』(戸塚酒造)、『明鏡止水 純米吟醸』(大澤酒造)。

カメラの展示会で日本酒が振る舞われるということはなかなかないので、これはなかなか高評価。アットホームな展示会だった。



個人的には将来、中判カメラもミラーレスになると思っていて、フジあたりが一億画素カメラを発売でもしたら、Phase One社は厳しい状況に立たされるだろう。そのあたりも(部外者ながら)一応伝えて会場を後にした。
今回の体験をして、ワタシ個人としては購入検討は全くしないけれど、応援するメーカーに加えたい。






スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ