2018.03.03 CP+2018レポート(その4)シグマ山木社長プレゼン「新製品について」


今日もまたまたCP+2018。





今日の最重要ステージは昨日に引き続き、シグマ山木社長プレゼン「新製品について」

昨日と全く同じタイトルだが、昨日紹介しなかった製品の紹介。知らない人がスケジュール表だけ見たら、「土曜日に見ればいいや」と思い、来てガッカリするだろう。ワタシはたまたま昨日聴講したので、両方聴講することになったのだが。スケジュールにははっきりと「新製品について・前編」「同・後編」とか(1)・(2)など、2つのプレゼン内容が違うことを明示すべきだ。







それはともかく、今回は昨日紹介しなかった105mm F1.4 DG HSM Art と同社単焦点レンズ群のソニーEマウント版を紹介。





まずは105mm F1.4 DG HSM Art









冒頭、日経新聞に「インスタ映え目的でカメラの出荷台数が5年ぶりにプラス成長」という記事を紹介。「そこでシグマも「インスタ映えするレンズ」を作りました」と紹介。会場はバカウケ!!!





もちろん、インスタ映えのために巨大なレンズを作ったのではなく、85mm Art 並の画質の105mmがコンセプト。





最初、会社の遠くのほうで開発者たちが試作機の周りで「バランスいいねぇ」とか言っているのを見て、「サンニッパか? それにしては短いなぁ」と思って近寄ってみたところ、105mm Art だったという(笑)。





大きくなる理由は主に3つで、これらのうち1つでも犠牲にするとかなり小さく設計できるのだが、3つとも妥協しなかったので、大きくなってしまったとのこと。





特に軸上色収差は徹底的になくしたので、MTF曲線も85mm Art に比べても、より天井に近くなったという。







また、別の85mm F1.4レンズでは周辺ボケがレモン状になってしまう(口径食)が、105mm Art ではかなり抑えられ、F2に絞るとほぼ気にならないという。また、このレンズはF2が一番画質的にオイシイとのこと。





Sportsシリーズと同様の防塵防滴処理も行なっている。









アクセサリーとしてアルカスイス互換の着脱式三脚座と、それを外して使用する場合の保護カバーを同梱。





フードはカーボンファイバー配合のポリカーボネート材。





続いてソニーEマウントレンズについて。

新製品の105mm Art や 75mm マクロ Art も含めると、APS-C・フルサイズ合わせて14本になるが、さらに APS-C で近日中に1本予定されているようだ。





ところで、シグマはマウントコンバーターでキヤノンマウントやシグママウントのレンズをソニーカメラに対応させるとしてきたが、ここにきてEマウント専用レンズを開発した理由を説明。







マウントコンバーターは「通訳者」であり、同じマウントのレンズとカメラはネイティブ同士の会話だと例えた。実際にEマウントレンズには全く違うファームウェアが入っているとのこと。





今後はキヤノン・シグママウントレンズのソニーEマウントへの交換も行なうが、同時に値上げも発表している。
もともとはマウント部分の交換費用のみを計算していたが、実際には使い込まれたレンズの傷んだ別部品も取り替えているので、それなりに費用がかかっているのだと言う。
ネットで値上げのリリースを見たときには「ふざけるな」と思ったが、こういう風に言われると納得せざるを得ない。





あと、シグマのカメラ dp シリーズの現像ソフトの最新バージョン『Sigma Photo Pro 6.6』についても説明。ワタシは興味ないのでスルーしたが、「dpカメラは当分新製品の予定がないので、いま興味を持たれている方は安心してお買い求めください」と笑わせてくれた。



こんなところが山木社長のプレゼン(後編)デシタ。




スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ