2018.03.04 CP+2018レポート(その5)各ブースの自前メディア対応について(2018年版)


本日をもってCP+2018も4日間の全日程を終了。名残惜しい気持ちはあるが、身体的には(飲み疲れもあり)ボロボロ。


さて、今回は出店各社のブースについてカメラオヤジ対策も含めて紹介。
フィルムからデジタル化へと移り、イベント時点で未発売の商品の撮影ではデータ持ち帰り禁止ながら、発売となったものに対してはデータ持ち帰りOKというのが最近の潮流。その代わり、自社ブース内での他社製カメラでの撮影を禁止する傾向に。もちろん、メーカーによって対応はイロイロ。


まずはソニー



ポートレート屋外のコーナーでは木やテントなどを配した大きなセットでモデル3人を立たせたり座らせたりしてそれを撮影。ビデオカメラやα7R III、α9、さらに未発売(3月23日発売予定)のα7 III も来場者のメモリーカード使用を大推奨。来場者の使用は5分ほどで打ち切りとなるが、一斉にスタッフがカメラをチェックし直して、メモリーカードスロットの蓋を開けた状態で来場者を受け容れていた。

また、ストロボ撮影(ポートレート室内)のコーナーでは、α7R III に未発売のクリップオンストロボ「HVL-F60RM」(4月13日発売予定)を装着した多灯ストロボをスタッフが色々と機能を説明の上、来場者に使用させていた。データは持ち帰りOK。(他社も含めて)モデル撮影のコーナーはただ新製品を来場者が手に取って勝手に撮影するスタイルが多いので、スタッフが来場者ひとりひとりに説明しながらモデル撮影させるスタイルは新鮮。新製品を触った充実感があった。

一番大きな動体撮影用ステージではバスケットリングが設置されて、ワン・オン・ワンのプレーをはじめとした色々なスポーツのプレー、ダンス、あるいはモデルを歩かせたりしていた。データは持ち帰りOK。

一方でブース内でのソニーカメラ以外での撮影はブース風景であっても一切禁止。かなり厳しく対応していた。



ニコン



モデル撮影専用ステージを設け、望遠レンズコーナー、中望遠レンズコーナー、レンズを色々選べるコーナーに分かれて並び、撮影。データ持ち帰りはOK。
モデルは3名x3組交代制の豪華版で、全員撮るために何度も並んだ(笑)。
ただ、列のすいていた望遠レンズコーナーは撮影ブースの横、中望遠レンズコーナーは撮影ブースの正面ながらも端っこのほうで、モデルを撮りづらい位置だった。
かなり人気のあるコーナーで、スペース上、並びたくても並べない時間帯もあった。

やはりブース内では他社製カメラでの撮影は禁止。



フジ



大きなステージでは3方向から最新機種のX-H1(3月1日発売済み)をはじめとしたXシリーズカメラでモデルを撮影させていた。データ持ち帰りOK。



小さなスペースではGFXの撮影コーナー。こちらはドゥカティ(大型バイク)にまたがる女性モデルを撮影させる趣向。
昨年は大きなステージにモデルを何人か配し、遠くから撮影させるスタイルだったが、GFXのレンズラインナップでは遠すぎてイマイチだった。今回は近くから撮影できるので、レンズラインナップ上、どれを使っても不満のない撮影ができた。データ持ち帰りOK。

ただし、フジのブースも他社製カメラでの撮影はお断りだった。



パナソニック





大きなステージでは新製品のG9 PROの動体撮影力をPRするために新体操やダンス、空手などの演技を撮影させていた。来場者のメモリーカード使用は大歓迎。
ワタシは同社の新製品にメモリーカードを入れてしか撮影しなかったのであまり気にしなかったが、他社製カメラでの撮影は禁止ながらもゆるめの対応だった感じ。



小さなステージではアメリカンスタイルのバイクを撮らせていたが、フジとまるかぶり。モデルがいない分、フジの勝ち!(笑)。



オリンパス



ブース奥のモデル撮影コーナーではF1.2レンズ3本の撮影が可能。もちろんデータ持ち帰りOK。3月9日発売予定のPEN E-PL9もユーザーメディアの使用OKだった。



キヤノン



新製品のEOS Kiss MとEOS Kiss X90を使ってモデルを撮影させるコーナーが用意されていたが、いずれも3月下旬発売ということで来場者のメモリーカード使用は禁止。まだ未発売なので仕方がないと言えば仕方が無いが、他社の多くがデータ持ち帰りOKなのと比較するとずいぶん遅れているように感じる。1カ月以内に発売されるカメラなら、データ持ち帰りはOKにすべきだろう。
そのぶん、(他社製を含めて)ユーザー自身のカメラでのモデル撮影には寛容だった(笑)。

なお、上記写真のようにステージには3つのディスプレイが設置されていたが、モデルがステージにいない時間がけっこうあり、ちょっと間抜けな感じだった(ソニー、ニコンなどはモデルが交代して、ひっきりなしに撮影できた)。



シグマ



105mm F1.4 DG Art はショーケースの中のものしか見ることはできなかったが、新製品の14-28mm F2.8 DG Art や70mm F2.8 MACRO DG Art はハンズオンコーナーでいじることができた。
14-28mmのほうは3月9日発売だが、デモカメラに自前メディアを装着しての試写OK。試してみたが、「ゼロディストーション」というとおり、歪曲収差がなく、高画質なレンズに仕上がっているようだ(デカいのが難点だが)。
70mmマクロのほうはまだ開発発表段階の状態で、発売日も価格も未定。なのでデータ持ち帰りは不可。まぁ、仕方ないが納得できる。むしろ触れるだけ対応は良いと評価する。
こちらも触ってみたが、いまどきマクロで手ブレ補正機構がないと、なかなか厳しい。キヤノン用、シグマ用とソニー用が用意されるようだが(ニコン用は機構上むずかしいとのこと)、ボディ内手ブレ補正機構が内蔵されたソニー用しか売れない気がする。

なお、発売済みの製品は別ブースで自分の希望するレンズを自分のカメラにとっかえひっかえ試写することができるのは例年通り。ただ、このコーナーは試写するものがないのが難点。

ハンズオンコーナーにもどると、枯れ木などを配したアートっぽい被写体が造成されていたが、シグマブースとしての統一感はあるものの、これを撮りたいという気にはならない(笑)。また、色もないし光るものもないので、レンズ性能を確かめるにはイマイチなディスプレイだと思った。



タムロン





ハンズオンコーナーでは新製品の70-210mmF/4もいじれたが、全てのカメラにユーザーメディアの挿入は不可。
ただし、コンシェルジュコーナーではユーザー希望の既存レンズをユーザーカメラに装着しての撮影が可能で、リーズナブルな対応だと思った。
ハンズオンコーナーの中央には大きな桜の木をライトアップしたセットが組まれていて、時々モデルさんがやってきて撮影に対応してくれたが、本当にときどきしか来ず、会期2日目までは桜のセットだけなのかと思っていた(笑)。モデルの人数も増やして、もう少し頻繁に試写に対応してほしいところだ。



ブース内での撮影は「モデル撮影はタムロンレンズ体験優先となっております」と他社に比べてやや控えめな表現(笑)。モデルさんの滞在時間があまりなかったので、混雑はなかったが。



トキナー

 

新製品の opera 50mm F1.4 FF は開発発表段階ながらも手に取っていじることはできた。ただしデータ持ち帰りはNG。同じく FiRIN 20mm F2 FE AF も同様。となりに同じ光学系の FiRIN 20mm F2 FE MF が用意されており、こちらはデータ持ち帰りOK。

ところで、トキナーブースを訪れたとき、目の前に見たことがあるような人が。誰かと思ったらシグマの山木社長だった。新製品の opera 50mm F1.4 FF あたりをチェックしにきてたようだ(笑)。
山木社長がブースを離れたところで声をかけてみたら振り返ってくれたので、ほんのちょっと立ち話。2日・3日のプレゼンについて「同じタイトルで違う内容なのは問題がある」という旨をやんわり伝えたところ、「あれはスタッフがあらかじめ決めたタイトルで・・・ゴメンナサイ」とのこと。去り際に「シグマレンズは愛用してますよ〜」とおべんちゃらしておいた(事実だが)。



なお、上記メーカーでステージモデルとは別にいわゆるコンパニオンを用意していたのはオリンパス、ソニー、シグマ、タムロンのみ。

オリンパスはコンパニオンに自社カメラをカメラオヤジに渡して自前メディアで撮影させるという方法をとっていた。他社製カメラでの撮影は原則禁止。
シグマ、タムロンは普通にブース周辺での撮影に応じていた。
ソニーはオレンジのシャツに黒のキュロットでソニーのペーパーバッグ(タイベックだけど)を配る人は撮影に応じていた。
キヤノン、ニコンはコンパニオン姿の女性は受付嬢のみ。それ以外はシャツにパンツルックでコンパニオンではなくスタッフというビジュアル。カメラオヤジの撮影欲望を消していた。
フジ、パナソニックも女性スタッフはパンツルックで写真映えしない姿。ブース展示と関係なく写真を撮りまくるカメラオヤジ対策となり、本来の目的ではない混雑は生まれていなかった(笑)。

小規模メーカーにとっては客寄せのためにキレイなコンパニオンが必要かもしれないが、ほうっておいても客が集まる大メーカーにとってはカメラオヤジのコンパニオン撮影の混雑は迷惑でしかない。展示会の華が少なくなるのは寂しいが、今後もこの傾向は続くだろう。



こんなところが各社の対応でございマシタ。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ