FC2ブログ

2018.03.05 CP+2018レポート(その6)ワタシが気になったカメラ機材


モデルさんやコンパニオンさんの撮影も楽しいけれど、一応マジメにカメラ機材のチェックもしてますよということで、今回はワタシが気になったカメラ機材



まずはソニーα7R III(写真ナシ。他社カメラでの撮影禁止だったので。笑)。

モデル撮影ではとりあえず絞り優先AEにして絞り開放、シャッタースピードが手ブレ・被写体ブレしない程度のISO感度を設定し直して撮影。AFはもちろん瞳AF。4,200万画素超ながら、気持ち悪いぐらいにピントがよく合う。
EVFでは合焦部分に緑のマークが表示されるので安心。キヤノンの5Dsや5D4 のOVFでは合焦部分がどこか一瞬分からなくなることがよくあり、とんでもないところにピントを合わせたまま撮影する経験をたくさんしている。
連写モードに細かい制限はあるが、スポーツで撮影するとどの程度対応できるのだろうか?
データ書き込み中にカメラ操作が制限されることや、バッテリー消費が不安材料ではあるが、かなり食指が動く。フリッカーレス撮影が可能なのも重要。



ソニーα9(写真ナシ。理由は上に同じ)。

こちらはモデル撮影とステージで激しく動くダンサーなどを試写。モデル撮影ではほぼほぼ完璧に合焦。ダンサーの撮影では動きが激しいので合焦したコマもあればそうでないコマもあるが、慣れで歩留まりは良くなるだろうという感じ。
それよりも連写スピードが秒20コマと速すぎて、うっかりシャッターボタンを押しっぱなしにすると、大量のコマが記録されてしまう(笑)。
残念なのはフリッカーレス撮影ができないこと。この機能が加われば、購入の選択肢に入らなくもない(買えないけど。笑)。


Commlite CM-EF-NEX マウントアダプター





キヤノン EFマウントレンズをソニーEマウントカメラに装着するアダプター。

焦点工房のブースに入って、TECHART EOS-NEX IIIマウントアダプターだと思っていじらせてもらったが、後でチェックしたら Commlite CM-EF-NEX マウントアダプターだった(笑)。見せてもらったのは三代目のバージョン。
電子接点があり、AF、手ブレ補正などに対応。AF-Cモードにも対応し、スピードも速いという。シグマのマウントアダプターは自社新シリーズレンズにしか対応しないし、AF-Cにも対応していないので、コチラのほうが魅力的。
実際、EF 40mm F2.8 STM と α9 との組み合わせで試用することができたが、この組み合わせではまぁまぁイイ感じ。
ところが、三代目アダプターの発売は7月頃、また二代目は生産終了ということで、現状、手に入れられないとこのと。



パナソニック LUMIX G9 PRO



同社 静止画のフラッグシップ機。実際に動体撮影を試すことができたが、EVFの見えもカクカクしていてAF精度もイマイチな感じだった。



シグマ 12-24mm F4 DG HSM Art、14-28mm F2.8 DG HSM Art





どちらも歪曲収差がよく補正されていて高画質なレンズだと感じたが、なにしろ両方ともデカイ(笑)。
そもそもワタシ的には超広角系レンズの出番がほとんどないので、EF 16-35mm F4L IS USM で十分。



シグマ 70mm F2.8 DG MACRO



「カミソリマクロ」の新バージョン。マクロレンズで今どき手ブレ補正機構がないことにビックリ。最新のソニーカメラはボディ内手ブレ補正機構が内蔵されているので、問題ないかもしれないが、キヤノンやシグマのユーザーにはウケないような気がする。



タムロン 70-210mm F/4 VC USD



レンズメーカーがこれまで発売してこなかった小三元の望遠ズーム。最近はカメラの高感度性能が良くなっているので、開放でのボケの大きさに目をつむれば、F2.8よりも軽くて安くてリーズナブル。ワタシは買わないけど(笑)。



ニッシン スピードライト MG10



久しぶりに見たグリップタイプのストロボ。
ガイドナンバーは48(35mm)、28(24mm)、80(200mm)。
フィルムカメラ時代の報道カメラマンは皆グリップタイプのストロボを使用していたが、現在は皆無(そもそも売っていないし。笑)。
高感度画質が向上したデジタルカメラでは大型のクリップオンストロボで大抵カバーできるし、スタジオ撮影ではプロ向けストロボがあるしで、正直なところ、グリップタイプのストロボに需要があるのか疑問ではある。



ニッシン ストロボ用外部電源パック PS 8



新製品ではないけれど、同社の各カメラメーカー向けストロボに対応したコードを用意することで、カメラのメーカー混在に対応できる(ニコン用、キヤノン用、ソニー用の3種類)。専用ストロボをそれぞれ用意する必要はあるが、ソニー用のストロボ場合はフォーサーズ、フジにも対応しているとのこと。



キヤノン スピードライト 470 EX-AI



世界初、自動でバウンス角度を決めてくれるストロボ。
被写体への直射光を1発、90度上の天井に1発 光らせ、これにより被写体への距離と天井への距離(あるいは反射光量?)をそれぞれ測り、最適のバウンス角度を自動で決めるという仕組み。実際にいじらせてもらったが、結構機敏に動く。
ただ、面白い機能だとは思うが、慣れた人なら感覚的にバウンス角度は分かるだろうし、自動化のためのモーター内蔵などでサイズが大きくなってしまっている。外部電源が使用できないので、ワタシ的には選択肢から外れたスペック。



オリンパス カスタム外装カメラ









「スチームパンク」「エイジング」「スポーツ(カーボン)」といったテーマでカスタム外装したカメラを展示。
いずれのカメラも実写可能ということで、「スチームパンク」のPEN-Fベースのものは液晶ディスプレイの表示まで専用デザインになっていた。

ワタシの写真では分かりづらいと思うので、『デジカメWatch』の記事をご参照クダサイ。

『デジカメWatch』の記事:【CP+】オリンパスブースに、超個性派カスタムのカメラ10台が登場

このような特殊デザインは面白い試みだと思うが、販売実現性はどうだろう? マスで売れるものでもなかろうから限定販売という手もあるが、販売店との絡みもあるだろうから売り方が面倒な気がする。
「スチームパンク」はスタジオジブリの『天空の城ラピュタ』などにインスパイアされたと聞いたが、いっそスタジオジブリとコラボしたデザイン開発して宮崎駿のサイン入りで3台だけ作成し、1台だけどこかのオークションで売るというのはどうだろう?(残り2台はスタジオジブリとオリンパスの保存用)。 開発に関わるメイキング映像や宮崎駿がサインするところをビデオに収めて公式サイトで発表、オークションの模様も公開すれば、話題になるのではないか? 仮に100万円で売れても儲けにはならないだろうが、広告効果は大きいのでは?



こんなところがワタシ注目のカメラ・アクセサリーでゴザイマス。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ