FC2ブログ

ソニー α7R III 使用感 フリッカー低減できない? その他


ソニー α7R III を購入してバドミントンの実写テストを2回ほど。
キヤノンユーザーからの乗り替え(浮気)ということで、色々な感想を。
ちなみにα7R IIIに純正24-105mmを装着、縦位置グリップも不使用/使用で撮影。

まず、AF。「AF-C」、「ロックオンAF:拡張フレキシブルスポット」に設定。
さらに「シャッター半押しAF」は「切」にして、「AF-ON」ボタンでAF。

「ドライブモード」は「HI」(最速秒8コマ)に設定。「HI+」という最速秒10コマ
というモードもあるが、こちらは「連続撮影中はモニター、ファインダーに映る被写体はリアルタ イムのものではありません。」ということで。

もちろん、「フリッカーレス」は「入」に。

体育館での撮影なので、ISO12800、1/1000秒、f4という設定に。

撮影した印象は・・・

● AFのピント表示が独特で自分以上に合わせてくれることもあれば、期待はずれのときも。
ピントが合っている部分を緑色のワクではっきり表示してくれるのはいい。
そのワクが小さくなったり大きくなったり、細長くなったりするのにはちょっとビックリ。

なお、ダブルスで2人のうち手前の人にピントを合わせたいとき、手前の人の顔が横を向いていて
奥の人の顔がはっきりしていると奥の人にピントが合ってしまうことがあった。
キヤノンの場合だと、ピンボケはだいたい自分のミスと認識できるが、ソニーの「ロックオンAF」の場合はカメラ任せなので、まさかのところでピンボケになるとストレスが溜まる。

● 連写表示がカクカクして気持ち悪い。
リアルタイムのEVF表示のために「HI」を選択したが、動体撮影ではやはりEVF独特のカクカク感がでてしまう。それがシャッターのタイミングにも影響してしまって、慣れが必要に感じた。
あるいは「HI+」にするほうが良いのか?
秒8コマ出ているとは思えないけれど、実際のところは分からない。
連写表示がカクカクしているからそう感じるのかも。

● フリッカーが全然低減されていない。


正直なところ、一番ガッカリだったのが「フリッカーレス」機能。
他メーカーよりも後発なので、キヤノン並の出来上がりを期待していたが、画像を見て愕然。
低減しているのかどうか分からないような結果だった。
慌てて取説をチェックしたところ・・・

••レリーズタイムラグがわずかに長くなることがあります。また、連続撮影速度が遅 くなったり、連続撮影間隔にばらつきが生じたりすることがあります。
••光源の点滅周期が100Hzか120Hzの場合のみフリッカーを検知できます。
••背景が暗いときなど、光源や被写体によってはフリッカーを検知できないことがあ ります。
••フリッカーを検知しても、光源や撮影条件によってはフリッカーの影響を低減でき ないことがあります。事前に試し撮りすることをおすすめします。••以下の場合[、 フリッカーレス撮影]は使えません。
  ‒‒バルブ撮影中 ‒[‒ サイレント撮影]
 ‒‒動画撮影時 ‒‒マニュアルフォーカス時に、シャッターボタンを半押しせずに撮影したとき
•[• フリッカーレス撮影]を[入]にした場合と[切]にした場合で、撮影画像の色合 いが異なることがあります。


いろいろとエクスキューズはあるが、光源以外はエクスキューズに当たらないと思うものの、結果は惨敗。
こうなると、撮影できる試合会場が限定されてしまう。キヤノンを使っていればどの会場でも問題なく撮影できるが、ソニーの場合は会場に合わせて使うか使わないか判断を迫られる。これはキツイ。ソニーを選んで失敗したか・・・。現状、このカメラをメインに使う勇気はない。

● 細かい設定についてはキヤノンと遜色ないものの、事前にマイメニューやカスタム設定をしっかりしないと慌てることに。
一番困ったのが画像の「レーティング」。キヤノンのカメラは専用ボタンがあるので問題ないが、ソニーの場合はカスタムキーで設定しないといちいちメニュー画面の中を探しまくって押すことになり、全く実用性がなくなる。
で、カスタムキーの設定方法が全く分からない。マニュアルを読んでも希望のメニューが出てこず、あちこち探しまわったところ、「撮影2」の8ページ目に希望のメニューがあってほっとした。
「(再生)カスタムキー」は(再生)メニュー内に入れるべきだろう。
ソニーのメニューアレンジはまだまだ練られていないように思う。

「マイメニュー」はキヤノンのカメラでも設定できる機能だが、膨大な設定項目があるデジタルカメラでは、自分のよく使う設定項目は「マイメニュー」に登録しておくべき。
α7R III の場合は30個の登録ができるが、何でもかんでも登録するとすぐに一杯になってしまうので、別のキーで操作できる項目はそちらに振り分けるべき。

厳しいコメントが続いたが、優れた点も・・・。

● USBケーブルでの充電が可能。
USB3.1ケーブルが同梱されており、カメラとコンセントを直結すれば、電池を充電できるのがまず便利。また、市販のモバイルバッテリーをUSBケーブル経由で電池替わりに使用できるというのは結構便利かも。デジタルカメラは電池がなければただのガラクタとなってしまうが、緊急時にもいろいろ対応できそうだ。

● チルトモニター。
横位置限定ではあるけれど、アングルの自由度は高まる。もともとEVF・液晶モニターで撮影するカメラなので、一眼レフのように切り替えなくスムーズに撮影できる。

● 「APS-C/Super 35mm」。
α7R III はフルサイズセンサーのカメラだけれどAPS-C用レンズを装着した場合は自動的にAPS-Cにクロップしてくれる。記録が素数は約1,800万画素になるけれど、APS-C用レンズを活用できるのはヨイ。いいマウントアダプターが発売されれば、タムロン16-300mm(キヤノン用)を活用したいと思っている。

● マルチセレクターの操作感がいい。
キヤノンのマルチコントローラーは便利だと思ったが、AFポイントの移動は1つのAFポイントの移動につき1回押さなければならない。一方、ソニーの場合はセレクターを押している間、どんどんAFポイントが移動するので結構素早くAFポイントを移動させることができて便利。



ま、こんなところが現在の印象。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ