FC2ブログ

ヒマつぶしにソニー α7R III + キヤノン EF 50mm F1.0L USM で撮影!


そういえば、ソニー α7R III 用に購入したマウントアダプター Commlite Auto Focus Adapter EF-NEX は電子接点があるので キヤノン EF 50mm F1.0L USM が使えるのではと考え、取り付けてみた。

そもそもこのマウントアダプターはどのキヤノンレンズを装着してもα7R III でAFが上手くいかないが、50/1.0でも同様。ただ、MFにすればフォーカスピーキングでピントを合わせることができるし、絞りも連動させることができる(ソニーにはない絞りF1.0の表示がα7R III で表示される! 笑)。



 
(左:ISOオート(100)、f1.0、シャッターオート(1/5000秒)。
右:ISOオート(100)、f1.8、シャッターオート(1/1600秒))


まずは庭の花を撮ってみた。
f1.0、シャッターオートで2枚連写したところ、2枚目はf1.8になってしまっていた。以下の作例も同様。むしろf1.0とf1.8の描写の違いがはっきりわかって好都合だったが。

まずサムネイルでも分かるのが、周辺光量の違い。f1.8に絞っただけで一気に周辺光量が増えている。



 


ピントを合わせた花の部分。f1.0はピンボケ写真かと思ったが、一応ピントは合っているようだ(笑)。収差があるためにベールをかぶったような描写になってしまっている。
一方のf1.8は同じレンズかと思うぐらいにキリッと締まった描写。ほんの少しの絞りの違いでこれほど差が出るとはちょっと驚き。



 


周辺部も見てみると、f1.0ではボケが同心円方向に流れているのがわかる。一方、f1.8では流れたボケがノーマルになっている。



 
(左:ISOオート(100)、f1.0、シャッターオート(1/6400秒)。
右:ISOオート(100)、f1.8、シャッターオート(1/2000秒))



遠目にネコをスナップ。サムネイルで見ただけでも、f1.0のほうは全体に甘い感じ。f1.8はキリッとしている。



 


ネコの部分を拡大。f1.0のほうはこれでもピントが合っている。f1.8のほうは問題なくシャープ。



 
(左:ISOオート(100)、f1.0、シャッターオート(1/8000秒)。
右:ISOオート(100)、f1.8、シャッターオート(1/2000秒))


ガレージのクルマを撮影。露出にバラツキが出ているけど、やはりf1.0のほうはサムネイルで見ても甘い。


 


後輪あたりを拡大。同じレンズで撮影したとは思えない違いとなっている。f1.0では全体にソフト描写となり、白と黒の境界がパープルに色づけされている。一方のf1.8ではキリッとしたフツーの描写(笑)。



こんなところが今回の撮影結果だが、EF 50mm F1.0L USM はf1.8にちょっと絞るだけでフツーにそこそこ画質のいい標準レンズとして使えるようだ。と言っても、約1kgのこのレンズを敢えて使用するというのはバカバカしい。
むしろ絞り開放での甘さを敢えて活かしたソフトフォーカスでのポートレートというのはアリかもしれない。色収差も出るので、それを補正するか、そのまま活かすかもポイントとなるだろう。
手間をかけるなら、ほかのシャープなレンズで撮影して、Photoshopなどでソフトフォーカス加工するほうがいろいろコントロールしやすいと思う。
それでも敢えて EF 50mm F1.0L USM を使用するとしたら、それはやはり趣味の世界(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ