FC2ブログ

『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』(矢部宏治/講談社現代新書)





『知ってはいけない 隠された日本支配の構造』(矢部宏治/講談社現代新書/840円+税)


2017年8月に発行された本でワタシは今年の正月に初めて読んだ。
正直なところ、にわかに信じ難い内容ながら、信用せざるを得ないような内容の一冊。
第二次大戦の終戦・米国による日本占領時から、独立、そして現在に至るまでの日米間の数々の密約を詳らかにしている。

日本の航空機が日本上空を自由に飛べない「横田空域」についてはTVで池上彰氏が紹介しているので、本書の一部は少なくとも正しいのだろうと推測できるが、一方で池上氏は(たぶん本書も読んでいるだろうが)それ以外の部分についてはTVで語っていない。たぶんそれをTVで語るととんでもないことになるから忖度せざるを得なかったのか、裏付けを取れていないため控えたのか? ワタシは前者だと思うのだが、本書の要点は・・・。



憲法9条は、もともと占領中に国連憲章(国連軍)とセットで書かれたものだったが、ダレスのトリック(本書第9章)によって、1952年の独立後は、日米安保条約とセットで存在しているものである。
そのなかで米軍は、オモテの条文には書かれていない、
1.日本の国土を自由に軍事利用できる権利(基地権)
2.戦時には自衛隊を自由に指揮できる権利(指揮権)
という、信じられないほど大きな権利を密約によって持っている。
そしてその歪んだ法的関係を構造的に支えているのが、
3.日米合同委員会
4.最高裁(砂川判決)
というふたつの聖域化された、アンタッチャブルな機関である。




これらを事実として理解すると、沖縄で米軍兵が民間人に理不尽なことを行なっても日本政府が手を出せなかったり、ロシアとの北方領土返還交渉が土壇場で合意に至らなかったことが理解できる。

上記のことは大半の日本人が知らないことだと思うが(あるいは事実ではないかもしれない)、すべての日本人はこれらのことを認識・検証した上で様々な議論をすべきではないか? でなければ、米軍基地問題も北方領土問題も不毛な議論となってしまうだろう。




スポンサーサイト

テーマ : 本、雑誌
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ