FC2ブログ

5足目のバドミントンシューズはヨネックス『パワークッション 65Z』


3年余り使用しているバドミントンシューズのヨネックス『パワークッション F1 MEN』の側面が破れたため、さすがに新品を購入。ヨネックス『パワークッション 65Z』(アマゾンで11,558円)。




ちなみに『F1 MEN』の破れはこんな感じ。



本当はミズノの旧製品のデザインが好みで購入したかったのだが、サイズがなく、本製品に。ちなみにワタシのサイズは今回29.0cm! 
『F1 MEN』の1足目を購入したときは28.5cmでピッタリだったのだが、2足目では足がむくんで大きくなったのか、同じ28.5cmでは少しキツかった。なので今回はワンサイズ大きくした次第。試してみたら、残念なことにピッタリだった(笑)。
本当はネット注文せず、店頭でサイズを確かめて購入したいのだが、ワタシのサイズではウチの最寄りの大型店でも在庫を持たないのでアマゾンを利用した次第。

カラーリングは白ベースに黒x赤。足幅は3E。たぶんワタシの足によりフィットするであろう4Eタイプの『パワークッション65Z WIDE』というモデルもあるのだが、カラーリングが好みでなかったので選ばなかった。

カタログによれば『パワークッション65』シリーズは16年続くロングセラーモデルで、位置づけは「オールラウンド」タイプ。ほかに「クッション性」「安定性」「軽量性」重視のシリーズがある。『65Z』は「オールラウンド」タイプの最新モデル。

機能面での大きな特長は、カカト部に『パワークッション+』という素材を使用。『パワークッション』に比べて衝撃吸収性が+25%、反発性が+12%とのこと。
また、アッパーの前足部から中足部にかけてをワンピースの「シームレスアッパー」にすることでストレスのない足当たりを実現。さらに前足部外側からカカト部にかけての補強材「ラテラルシェル」により、サイドステップ時の外側および斜め前方のパワーロスを軽減。




アウトソール。上が今回購入した『65Z』で下が『F1 MEN』。『65Z』ではカカト部に透明窓がついて中の『パワークッション+』がコンニチワ(笑)。
透明窓は購入者にその機能を見せるために有効だが、その部分が空いていることで衝撃吸収性が高まるという利点もあるのだろう。

アウトソールのパターンは鉛筆の断面を全体にちりばめたようなものだが、よく見ると親指と親指の付け根部分はほかの部分よりも丸穴が小さくなっていて、グリップ力を高め、すり減り低下を考えているのだろう。その他の部分は丸穴が大きく、軽量化を考えてのことと推測する。



こんなところが新しく購入したバドミントンシューズ『パワークッション65Z』。今後2〜3年は履き続けたい。



 



スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ