FC2ブログ

ソニー用ストロボセットを購入しました。ニッシン Di700A + パワーパック PS8など


遅ればせながら、ソニーα7R III 対応の外部ストロボを購入。購入したのはニッシンデジタル Di700A
もともと持っているDi700(キヤノン用)とほぼ同じ仕様で、リモート発光制御が赤外線から電波式に変更されたことが大きな違い。



購入の決め手は、外部電源(パワーパック PS8)がキヤノン用とソニー用で共用できること。
もちろん、Di700が中型ながら360度のバウンス可能であったり、操作が簡単だったりという点で使いやすく便利だということも大きい。

ワタシの仕事では、表彰式の記録など、連続発光の必要性があり、外部ストロボは必須。現在、キヤノン(EOS 5D Mark IV)とソニー(α7R III)の2メーカーをカメラ併用しているが、ソニー用ストロボを所有していなかったので、外部電源だけでも共用できるものを、ということで選んだ次第。




ついでながら、バッテリーマガジンはDi700とDi700Aで共用。どっちがどっちなどと気にしなくていいのは便利。




Di700A には本体ソフトケースリモートフラッシュ用スタンドが付属。




外部電源 パワーパック PS8には本体ソフトケースストラップ電池パック(写真ナシ)、充電器電源コードが付属。

PS8 は外部電源対応のメーカー純正ストロボに対応するほか、コードを追加することで、各社のストロボに対応することができる。PS8にはコネクタが2つあり、ワタシのようにキヤノン用とソニー用コードを接続することもできれば、キヤノン用2つとかニコン用2つ、フジ用、パナソニック用など、色々なバリエーションに対応できる。
もちろん、カメラメーカー別にストロボとコードを用意する必要がある。




ワタシが購入したのはキヤノン用で、ソニー用電源コードは付属していないので、ソニー用コードも購入。これにより、もともと持っていたDi700(キヤノン用)と今回購入したDi700A(ソニー用)の両方にPS8が使用できることになる。




PS8天面にはコネクタが2つとUSB充電用端子、電源スイッチがある。
コネクタはコードの端子を差し込むだけなのだが、かなり力を入れないと入らないというか、入れづらい。
面白いのがUSB充電用端子。スマホ充電などにも対応できるのがユニーク。

電源スイッチはOFF/弱/中/強(Hi)の選択が可能。取説では
外部電源 パワーパック 「弱」レベルは「ストロボにかかる不可が低減でき、電池の消耗が少なくなります。」
「中」レベルは「加熱防止機能のないクリップオンストロボ1台を発光させる場合の通常のポジション」
「強(Hi)」レベルは「ニッシンMG8000を発光させる場合やストロボ2台同時発光を行なったり、グリップストロボなどコンデンサ容量の大きいストロボを発光させる場合のポジション」
となっている。

LEDランプは緑、赤、赤の点滅の3パターンがあり、赤の点滅ではバッテリー交換(または充電)が必要とのこと。ランプのそばにカラーイラストがプリントがされており、状況がわかりやすい。




本体裏側にはベルトに引っ掛ける金具が。側面にはバッテリーリリースボタン。

バッテリーはニッシン 電池パック3000というニッケル水素電池で3,000mA、7.2V。
電池寿命:約200回充放電
充電時間:約4時間
チャージ時間:フル発光で約0.5〜0.7秒
発光回数:1回の充電で約550回(フル発光)
本体サイズ:180x100x40mm(H x W x D)
重さ:794g(電源コード1本、電池込み)

室内パーティー撮影などでは予備電池パックが必要かもしれないが、そのような仕事は今のところないので、予備は買わずにおいた。

こんなところで、ソニー用システムも充実しつつある。
とはいえ、キヤノンを完全に切り捨てるにはあまりにも資産が多すぎて、悩ましい限りだ(笑)。

ところで、すごーく昔、一眼レフがまだAF化されていない時代、ストロボメーカーのサンパックがDXシリーズを発表。ホットシューを替えれば各社のストロボオートに対応するというシステムで、画期的なシステムだと感じた。
ワタシは高校生当時にサンパックauto 30 DX というモデルを購入したが、当時はキヤノン A-1とNew F-1を使用していたので、多メーカー対応というところであまり恩恵は受けなかった。

過去のエントリー:高校時代に活躍したストロボ サンパック auto 30DX

当時、TTLオートストロボはオリンパスだけで、このストロボでもオリンパス専用DXシューを使ってオリンパスOM-2などで使用すればTTLオートの恩恵に預かれた。その後、キヤノンなどもTTLオートストロボ対応カメラが発売されたため、サンパックも対応DXシューを発売したようだ。

このサンパックDXシリーズと同様のシステムをストロボメーカーが採用してくれれば、ホットシューだけカメラメーカー分用意すれば、本体や周辺機器が共用できて便利なのに、残念だ。



  

   

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ