FC2ブログ

『もうレシピ本はいらない』(稲垣えみ子/マガジンハウス)





『もうレシピ本はいらない』(稲垣えみ子/マガジンハウス/1,200円+税)


本屋で目立つところに置かれていたので手に取ってみた。
「作りおき不要、準備は10分、一食200円」というフレーズが本書のオビに書かれている。
世にレシピ本が溢れる中、あえて逆行するような食生活を送る著者にちょっと興味を持ち、買ってみた。

著者は以前は普通に色んな美味しい料理を食べるのが好きだったようだが、
いつしかそれに疲れたようで、会社を辞めたあとの一人暮らしでは冷蔵庫を持たない生活をしているという。
ごはんは玄米を鍋で炊き、お櫃(おひつ)に入れて2〜3日かけて食べる。
炊きたてはもちろん熱々を食べられるが、そうでないときも味噌汁で温かい食卓に。
そしてぬか漬けがあれば十分な食卓となり、毎日それらで充実した食事をしているという。

また、著者は現代のSNS映えばかり意識した料理、世界各国の豪華で美味な料理(ハレの料理)を作るのに疲れているのではないかとしている(少なくとも著者自身がそう)。

著者が主張するのは自分で料理を作ることが自由を得ること(自立すること)。
ちょっと論理が飛躍しているように感じたが、プロローグでは、
「会社員だろうが学生だろうが主婦だろうが子供だろうが、いざとなれば自分一匹、十分食っていける、自分で自分を幸せにすることができる。この過酷な世の中を朗らかに生きていくなんてとても出来やしないと誰もが思っているけれど、全然そうじゃないのかもしれない。離婚されようが、親に育児放棄されようが、会社に捨てられようが、自分で自分を食わせていくことができる。誰かに自分の人生を台無しにさせる必要なんて全然ない。

そう、人生は怖くないのです。」
としている。この部分が著者のいう自由を得るという意味なのだろう。

自由を得るポイントは1日200円程度の食費でまとめられるなら、なんとか生活できるだろうということだと理解する。ただ、成人一人暮らしの著者には当てはまるだろうが、家族数人を養う義務のあるお父さん(あるいはお母さん)やら、まだ就業できない子供らにとっては当てはまらないのではないか。

そもそも、生活には食費以外のいろいろな出費がある。食事だけを抜き出して安い費用で生活できることをもって自立と言えるのか。
例えば、人里離れた場所で食料を全て自給自足して、家も衣服も水も火も自分で作っているのなら納得するけれど、
所詮は生活の中の一部(料理)だけ昔ながらの素朴で質素な食材・作り方で自分にとって快適なスタイルを紹介しているに過ぎないのではないかと思わざるを得ない(別に著者の生活スタイルを否定するつもりはないけれど)。

また、本書を読んで、部分部分で矛盾する記述がいくつも見られる。

「ごはんと味噌汁とぬか漬けさえあればいいので献立に悩まなくて済む」としながら、読み進めると、魚や肉も食べているようだ。まぁ、たんぱく質不足にならなくて結構なことだけれど。

さらに「塩、醤油、味噌」さえあれば、と言いながら、一方でオリーブオイルやらポン酢なども常備しているようで。

さらに読み進めると、カラーページで色々な料理のバリエーションが。これでは立派なレシピ本ではないか!(爆)。
「もうレシピ本はいらない」という名のレシピ本になっている(笑)。これが一番の矛盾!
砂糖大さじ●杯とかの細かい分量が書いていないだけで。
そして、料理にバリエーションがあるということは、どのような料理を作ろうかということに悩まなければならないではないか! これまた矛盾(笑)。

ついでに、著者の食事の本質は安さと美味しさであって、栄養素(特にたんぱく質)を摂ることに関する意識があまりないように感じられる。

一応、評価ポイントとしては、
・質素な料理であっても十分満足できる食事ができるという提案
・調味料は細かい分量を覚えなくても味見しながらまとめればよいという提案
・冷蔵庫がなくても料理は作れるという提案
・炊飯器がなくてもご飯は鍋で作れるという提案
といったところだろうか。



スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ