ウン十万円の筋トレツール? Canon EF400mm F2.8L IS USM

Canon EF400mm F2.8L IS USM



07/21/2005 21:42:45(他ブログからの引っ越しです)

 新品同様の中古でウン十万円。レンズのみで5.3kg。これは正直言って金額的にも肉体的にも自分の限界を超えた買い物だったかもしれない。

 ふらふらと銀座松坂屋の中古カメラ市に行ったのが間違いだった。たぶん新宿マップカメラの買い取り価格ぐらいの安値でショウケースに入っていた。隣には300mm F2.8L IS USMも、500mm F4L IS USMも、600mmF4L IS USMもあったが、私の好みはこの400mm F2.8L IS USM。300mm F2.8ならば200mmF 2.8と焦点距離はそんなに変わらないし(出来上がりは本当は違うのだろうけど)、超望遠になると使い道が限られてくるし(このレンズでもそうだろうが)、エクステンダーを着ければ560mm F4や800mm F5.6になることを考えて、以前からこのスペックが気になっていた。気になっていたのとそれを実際に買うのは全く別の話で、まさに「やってもーた!」という感じ。

 買ったときにはフード、キャップ、ストラップ、トランクはおろか、段ボールまで付いていたのだが、その段ボールの大きさにビックリ。70-200mmの箱が10個ぐらいは平気で入りそうな大きさだった。銀座から荻窪の自宅まで持って帰るのは大変だった。以前PowerMac9515の本体(段ボール入り)を虎ノ門から持ち帰ったときの方がさらに大変だったけど・・・。

 自分はエクステンダーの1.4xIIと2xII、さらにケンコーテレプラス1.5xを持っているので、Max 1,670mmのレンズになるのだが、さすがに全部付けるとファインダーは暗くなり、ピントも甘くなる。だが、エクステンダー1個ぐらいだったら十分平気なシャープさを見せてくれる。800mm F5.6である。中学生の頃、キヤノンのレンズ一覧パンフレットを部屋に貼ってよく眺めていたが、それにあったあこがれのFD800mm F5.6Lと同スペック(たぶん画質はそれより上)のレンズを自分が手にするとは思わなかった。レンズの直径が15cmあるもんなぁ。

 AFよりもむしろMFの方がすっきり合わせられる感じがする。ただ、ISが搭載されているとはいえ、長時間の手持ち撮影はチトつらそう。だからといって三脚を持って行くとなるとプラス6kgは覚悟しなければならなくなる。このレンズを持ったために撮影の足が鈍るとすれば本末転倒ですな。本気で筋肉トレをしなければ、と感じたこの買い物。

スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : EF400mmF2.8L


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ