FC2ブログ

iPhoneをカラーメーターに!「LUMU PRO」



雑誌CAPA2018年11月号の小ネタで一番の注目は、フォトキナ2018レポートのなかの Lumulabs の記事。
iPhoneに光球を接続してフラッシュメーターやカラーメーターとして活用できるというもの。










3タイプあり、
LUMU LITE2:定常光、フラッシュ光など/$249
LUMU POWER2:照度、色温度、定常光、フラッシュ光など/$399
LUMU PRO:フラッシュ光の色温度、照度、色温度、定常光、フラッシュ光など/$449
となっている。
よしみカメラが代理店契約を結び、近日中に国内でも販売開始されるという。

Lumulabs のサイト:Lumu Power 2 - Lumulabs

フィルムカメラ時代はプロ(特にスタジオ撮影)にとってフラッシュメーターやカラーメーターは必須のアイテムだったと思われるが、デジタルカメラ時代になってどの程度の必要度なのだろうか。色ズレ、露出の過不足などはPCソフト上である程度は調整できるので、補正前提であればメーター類はあまり重要ではない。そもそもカメラの液晶モニターですぐに結果が見られるので。

とはいえ、一発で露出を決めたいという気持ちはある。そうすれば、後処理なしでスピーディ。

ただ、需要がそもそも少ない露出計、特にカラーメーターは安い製品がない。以前はミノルタカラーメーターIIIとかIVが主流だったが、現在はセコニック スペクトロマスターC−700が実売15万円あたり。おいそれとは手が出ない。

そんななか、Lumulabs の製品(特にLUMU PRO)はユーザーの選択肢を広げる意味で福音だと思う。15万円の製品しかない市場に1/3の価格の製品がリリースされたわけだ(もちろん iPhoneユーザーであることが前提だが)。

正直なところ、LUMU LITE2 は機能がかなり限られるのに価格がそれなりに高いので、セコニック フラッシュメイト L-308X(実売2万5,000円あたり)を買う方がいいような気がする。

LUMU POWER2とLUMU PROについては、用途に合えば結構割安な気がする。国内販売を待ちたい。



ちなみにワタシが所有しているメーター類は・・・
まじめに露出を測っていました。STUDIO DX L-398(2009-04-10)
低価格フラッシュメーター セコニック『デジライトF Model L-328』(2011-02-05)


スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ