FC2ブログ

CP+2019 レポート(その2) シグマ 山木社長のプレゼンとスポーツ写真家 水谷たかひと氏のセミナー2件


CP+2019の2日目はシグマ 山木社長のプレゼンテーションとスポーツ写真家 水谷たかひと氏のセミナー2件を聴講。




まずはシグマ。
山木和人『Lマウントシステムについて』


シグマ 山木社長のプレゼンは毎年楽しみにしていて、必ず聴講。
CP+の会場内で社長自身がプレゼンをするのはシグマぐらいだろう。シグマのその時々の実情をフランクに伝えてくれるので、親近感が持てるしシグマの姿勢をよく理解することができる。




今回のプレゼンはライカ規格でパナソニックとともに参入したLマウントシステムへの取り組みの現状。
ワタシ個人はソニー、キヤノン、ニコンのフルサイズミラーレス一眼市場にLマウントグループがどう食い込むか興味津々。






まず注目なのが、FOVEONフルサイズセンサーを搭載したシグマカメラの開発について。
FOVEONセンサーのカメラはシグマ独自のものになってしまったが、一部の熱狂的ユーザーが存在するのも事実(ワタシはそうではないが)。
だが、フルサイズセンサーの開発が遅れているようで、本来の予定は2019年の発売だったが、2020年にずれ込む見込みと陳謝。






センサー開発・製造を担当するFOVEONとTSIセミコンダクターズの責任者を登壇させ、それぞれの会社の紹介とセンサー開発の取り組みの説明をさせていた。
これは開発が進まない2社のトップに日本のユーザーの前で陳謝させて開発を急がさせるのが目的の1つ。さらにシグマがセンサー開発に真剣に取り組む姿勢を見せ、ユーザーが離れないようにするのが2つ目の目的か。




また、山木氏はLマウント参入によりシグママウントカメラの開発をやめる一方、シグママウントレンズについては継続開発を表明。シグマカメラユーザーのために、シグマーLマウントのマウントコンバーターは赤字覚悟の価格設定を検討しているとのこと。
また、シグマはマウント交換サービスを有料で行なっているが、このサービスにおいてもシグマーLマウントに関しては価格を抑える検討をしているとのこと。




Lマウントは対応レンズが少ないイメージだが、シグマの参入により、一気に増えることになる。今後のロードマップも紹介された。



2つ目はキヤノン。
水谷たかひと『EOS RとEF400mm F2.8L IS III USMで狙う、ラグビーの魅力』











EOS R の発表イベントで使ったのと同じ写真が映し出されて、また同じプレゼンかとちょっとガッカリ。そこそこ高画素だが連写性能の低いEOS Rをむりくり使ってプレゼンのために撮った作例といった感じ。
選手の玉の汗の描写や連続撮影でのAF追従性能の良さについてアピール。

途中からキヤノンイーグルスの選手2名も登壇。自分の写真を見せられて感想を求められていたが、この場で「下手な写真」とはとても言えまい(笑)。



3つ目はタムロン。
水谷たかひと『アスリートが輝く瞬間を納める!
女子カーリングチーム「ロコ・ソラーレ」撮り下ろし








またまた水谷氏。メーカー掛け持ちして大丈夫なのか???
途中からの聴講だったが、内容はむりくり新製品の35−105mm F2.8-4を使った「ロコ・ソラーレ」の本橋麻里選手の追っかけ写真(笑)。同選手のいろいろな表情を見ることはできた。


スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ