FC2ブログ

CP+2019 レポート(その5) 各社のカメラ・レンズ試写対応について

一通りセミナーレポートは終わったので、今回は各社のカメラ・レンズ試写対応について。


まずはソニー。







巨大な試写ブースでは、α9でダンスする女性やスケボーをするお兄さんを撮影させたり、4月発売予定の新製品135mm F1.8 GMを装着したα7R III でモデル撮影させたり。コンパクトデジカメのRX100シリーズでもモデルさんを撮り放題。データはいずれもお持ち帰りOK。



別ブースでは瞳AFのワークショップをしていて、ライブモニターで瞳AFの追従性能を見せた後は次のセミナーが始まるまで希望者に最新ファームウェア搭載のα9で撮影させていた。こちらもデータ持ち帰りOK。



さらに「動物対応リアルタイム瞳AF」の体験ブースもあり、動くぬいぐるみの動物を撮らせるという趣向。さすがにここで並ぶことはしなかったが、結構並んでいて盛況だった。ペットなどを綺麗に撮りたいという需要は大きいのだろう。

こんな感じで、ソニーは近日発売の製品・近日ダウンロードのファームウェアについても積極的にデータ持ち帰りOKとしており、気持ちよかった。
ただし、ソニーが用意したカメラ以外のカメラでのモデル撮影は禁止。まぁ、これは仕方ないだろう。



キヤノン。



EOS R という新システムを発表してから初めてのCP+。EOS RP という新製品が今回の目玉で、多くの人が行列を作っていたが、試写ブースは花などが立派にデコレーションされていたもののモデルなし。「瞳AF」の良さが試せないじゃないか!!!(怒)。
ワタシ自身、すでに品川のキヤノンプラザSで触っているし、まだ発売前なので撮影データをくれるわけでもないのでハナから並ぶつもりはなかったが。



ニコン。







新製品のZ6/Z7に4月発売予定の24−70mmf/2.8やNoctでモデルさんを試写する場合はデータ持ち帰りNG。すでに発売されているD850の場合は持ち帰りOKというスタイル。
発売前か後かでデータ持ち帰りをNGとするかOKとするかの判断をしているのは納得できるが、ストレスは溜まる(笑)。



オリンパス。







イチオシカメラはOM-D E-M1X。発売になったばかりということで、データはお持ち帰り自由。気持ちがいい。
試写ブースは若いおにーちゃんたちのアクロバットな演技を撮るパターンと、モデルさんを撮るパターンの2種類。
AF/AE追従で秒18コマ連写(AF/AE固定で秒60コマ連写)できるのは、動体撮影にはやはりイイ。
ただ、室内でのマイクロフォーサーズの画質は、普段フルサイズ4200万画素のα7R III を使用している身としてはちょっと残念な印象。



フジ。



フジもすでに発売されているGFX50RとかX-T3などでモデル撮影をさせるブースを大きく取っていた。それぞれのカメラのカードスロットには黒いテープが貼られていたので、データ持ち帰りNGなのかと思っていたが、実際はデータ持ち帰りOK。




(等倍拡大したものを1200x800pxに切り出し)

さらに200mm F2 という馬鹿でかいレンズの試写も可能だったので試してみたが、モデルさんが可哀想になるぐらいシャープな画質(爆)。
あと、3月下旬発売のX-T30でも撮影可能だったと思うが、ワタシ的には興味なかったので実写しなかった。



パナソニック。



Lマウントの新製品、S1・S1R には毎日大行列。カメラをいじるだけのハンズオンコーナーとモデルさんを撮影できるブースに分かれていたが、どちらも大盛況。
発売前のためデータ持ち帰りはNG。並ぶ時間がもったいなかったので、並ばず触らず。



タムロン。



大きな撮影セットにモデルを立たせ、3方向から撮影させるスタイル。残り1方向は製品がガラスケースに入れられてディスプレイされていたが、一般カメラマンが自分のカメラでモデルさんを撮影するスペースになってしまっていた(笑)。
どういうわけかタムロンが用意したカメラとレンズのセットではデータ持ち帰りがNGだったので、別コーナーで使いたいレンズを借りて自分のカメラに装着し、モデル撮影をしようとしたら、スタッフが1人ついてきて横で見張られた(笑)。盗難防止のためと、使用者からの質問に答えるためだと思う。



ワタシはソニー用の28−75mm F/2.8を試用させてもらったが、タイミング悪くモデルさんが休憩タイムに入るところで撮影することができなかった(涙)。仕方なく近くの花などを撮ってお茶を濁したが、簡易接写できるのはなかなか便利。開発発表された17−28mm F2.8 と2本合わせて1kgを切る軽さもスバラシイ。



シグマ。

シグマはモデル撮影ブースどころか、静物の撮影セットもなく、新製品を含む製品群のラインナップ展示と、ただ新製品をいじるだけのブースがメイン。
正直なところ、シグマの最近の重厚長大な単焦点レンズにはあまりキョーミなし。



自分のカメラに装着して試写させてくれるコーナーもあったので、初日に70−200mm F2.8 キヤノン用にマウントコンバーターMC-11を装着し、ワタシのα7R III に装着したところ、マウントアダプターのランプはオレンジ。つまり最新ファームウェアではないということ。ちょっとシグマの準備不足は否めない。当然、AFは不安定。「翌日にもう一度くるのでファームウェアのアップデートをしてくれますか?」と尋ねたところ、「ここにPCがないので・・・」とお茶を濁された。
2日後にもう1度訪れたところ、しっかりグリーンランプが点灯。70−200mm F2.8 も120-300mm F2.8 も性状に動作した。



ケンコートキナー。

今回はワタシの興味あるレンズがなかったのでスルー。いつも通り、モデルさんや試写用セットはなし。



ツァイス。

ワタシが興味を持っているレンズがなかったのでスルーしてしまった。だが、ここでは外国人モデル2人を使って洋服の仕立て屋をイメージしたセットとコスチュームで撮影させていたようだ。ん〜〜〜、失敗!(笑)。



こんなところがワタシが受けた各社のカメラ・レンズ試写対応についての印象でゴザイマス。



スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ