FC2ブログ

キヤノン EOS M6 Mark II の発表について



8月28日、キヤノンが一眼レフ、ミラーレス一眼、交換レンズなどの新製品を発表した。
私が一番注目しているのは EOS M6 Mark II。今まで EOS M 系には全く興味がなかったのだが・・・。

気に入ったポイントとしては・・・
・イメージセンサー約3,250万画素
・AF追従で連写最高約14コマ/秒(ブラックアウトフリー)。
・瞳AF
・フリッカーレス撮影
・電子シャッターでの無音撮影
・撮像エンジンはDIGIC8
・常用ISO感度100−25600
・質量約408g(バッテリー、メモリーカード含む)

EOS M システムはマウントアダプターを使用することによりEF/EF-Sレンズを使用することができるが、RFレンズを使用することはできない。EOS M システムのカメラとレンズでシステムを組んだのち、Rシステムへの移行はなかなか難しいだろう。
正直なところ、キヤノンはEF-Sマウント以降、マウント戦略を間違っていると思うがどうだろう?

それはさておき、私の場合、EOS M システムはマウントアダプターを使用することで所有している EF レンズ群を全て使用することができる。拡大率が1.6倍になるので、標準ズームや広角ズームはちょっと使いづらいが、画角を広げるレデューサーアダプターが発売されているので、対応可能かもしれない。
(EOS M システムはアマチュア向けコンパクトシステムという位置付けでプロユースとしては考えられていないだろうから、明るい標準ズームや広角ズームは期待できない。なのでサードパーティに期待。)

何と言っても有り難いのはEF望遠レンズが1.6倍で使用できること。今まで120−300mmを使用しなければならなかったシチュエーションで70−200mmが使用できたり、ヨンニッパを使用しなければならないところでも120−300mmでも対応ができるということだ(キヤノンのマウントアダプターがシグマ120−300mmに対応しているかどうかは不明)。

一方で、一番心配なのがバッテリーライフ。CIPA試験基準で305枚。自分の感覚および撮影状況ではもっと撮影できると思うが、実際に本格使用するとなれば、予備バッテリーはそれなりの数量を準備しておかないとマズいだろう。

また、縦位置グリップがないのも残念だし、EVFは(ワタシとしては)必須か。

とはいえ、一番気になるのがISO6400〜12800あたりでの高感度画質。このレンジでの画質がそこそこ良ければ食指が動くし、イマイチならスルー。



それにしても、EOS M6 Mark II の技術があるのであれば、EOS R シリーズでも相当な高画質モデルや高速モデルが開発できるはずだ(し、開発しているであろう)。

ただ、EOS R システムで高画質モデルや高速モデルが発売されてもご立派な金額になるだろうし、交換レンズもさらにご立派(笑)。
自分の立場で言えば、EFレンズは沢山揃えているのでマウントアダプターを利用すればなんとかできなくはないかも。



スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ