FC2ブログ

いったいいくつ目のマウントアダプターか? キヤノン『マウントアダプター EF-EOS M』



実は EOS M6 Mark II よりもちょびっと先に購入したキヤノン『マウントアダプター EF-EOS M』(中古美品で7,800円)。
M6II はキホンEF-Mレンズでなく手持ちのEFレンズを使用するつもりで購入したので、このマウントアダプターなしではシステムが組めない。

と言っても、EOS M シリーズはフルサイズの1.6倍の焦点距離になってしまうので、広角系レンズを使用するのには具合が悪い。それには別途購入した0.71倍レデューサー アダプターを使用するつもり。

一方、望遠系レンズはテレコンなしで1.6倍になるので、暗所での撮影に便利なほか、今まで使用していたレンズよりもワンサイズ小さいレンズを使用できるのも便利。
例えば、これまで120−300mm F2.8を使用していたケースでも、70−200mm F2.8が使用できる(112−320mm F2.8相当)。120−300mm F2.8は約3kgあるのに対し、70−200mm F2.8なら約1.5kgなので、軽快に取り回せる。


また、これまで400mm F2.8あるいは120−300mm F2.8+1.4倍テレコンを使用していたケースでも、120−300mm F2.8が使用できる(192−480mm F2.8相当)。ワタシのヨンニッパはISモデルの I 型なので5.5kgもあり、ほぼ引退状態(笑)。これを120−300mm F2.8で置き換えることができるのは有難い。

さらに、120−300mm F2.8+1.4倍テレコンとの組み合わせでは269-672mm F4相当となる。サードパーティレンズだが、テスト撮影したところ、しっかりAFが決まって気持ちヨイ。

ただ、これぐらいのレンズになると、カメラはオマケという感じでバランスが悪い(笑)。



あと、自分の手持ちで言えば、シグマ50mm F1.4 DG HSM Art が80mm中望遠レンズとして使用できるし、EF 100mm F2.8 マクロ USM も160mmマクロとして使用できる(そんなに使用するつもりはないが)。

手持ちのレンズはほとんど正常に動作したのだが、キヤノン EF 50mm F1.0L USM は残念ながらAF・MFともに動作しなかった。このレンズを使用することはほとんどないのだけれど、ちょっと残念。



こんな感じで、今後の活躍に期待。 





スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ