FC2ブログ

S/Jリーグ2019 高岡大会はソニーα7R IVで撮影




12月20から22日はバドミントンS/Jリーグ2019 高岡大会の撮影をしてきた。
今回はリーグ下位チームによる順位決定戦と上位チームによるトップ4トーナメントのセットで3日間。

大会会場となる高岡市民体育館は照明のフリッカーが最も激しい部類の体育館で、昨年はソニーα7R III のフリッカーレス機能では対応できず、使わないつもりでいた予備のキヤノン EOS 5D Mark IV をフル活用することになった。

今回はソニー・プロサポートからα7R IV を借りることができるようになったので、自宅から高岡への行く途中で名古屋のソニーストアに寄ってカメラを借用し、そのまま現地で使用した次第。

といっても、α7R IV のみで撮影というのもリスクが高く、5D4、EOS M6 Mark II、α7R III も携行。大会初日の20日にいちおうテストすることにした。
テスト結果ではM6IIのフリッカーレスはOK、α7R III はNG、α7R IVはOKという結果だった。なのでα7R IV をメインで使用することにした。

で、実際に使用したのだが、フリッカーレスは完全ではないようだ。
シャッター半押し状態から連写すると概ねフリッカー対応はできて綺麗な画像を得られたが、半押しなしにいきなり連写すると全コマがほぼアウトというケースが頻発した(ワタシの実感であり、実際は違うのかもしれないが)。
キヤノンは最初の1コマが切れるのに時間がかかることがあるが、基本的に全コマフリッカーレスの画像が得られる。
なので、極力 半押し状態を維持しながらシャッターチャンスを待つよう心がけた。しかし、思ったよりもいきなりシャッターを切らざるを得ないケースが多く、むしろそのようなシーンこそ大事なだけに、残念だ。
まぁ、キヤノンの場合はいきなりシャッターを切りたくても一瞬シャッターが切れないので、このようなケースではどっちもどっちかもしれないが。



ついでに、α7R IV のその他の点についても書き記しておく。

●まずは6,100万画素について。
今回、ほとんどのケースでJPEG 6,100万画素で撮影した。正直なところ、3,000万画素から4,200万画素あたりでワタシには十分。むしろ画像サイズが大きくなりすぎて、PCへのコピー時間やHDDの圧迫などでマイナス面もある。
一方、α7R IV のAPS-Cクロップ撮影では2,600万画素キープできるので、望遠レンズでの撮影では便利。70−200mmを97−280mm相当で撮影できるので便利。
なお、70−200mmに1.4xテレコンを取り付けても撮影してみたが、ピントの歩留まりが悪くて途中で使用するのを止めた。


●シグマ120−300mmF2.8 + TECHART マウントアダプター TSC-04
ついでにシグマ120−300mmF2.8にTECHARTのマウントアダプターを装着してテスト撮影したら、AF-Cでもピントを合わせられるので実践登用してみたが、どういうワケか最初の1コマ目が切れるまでにワンクッションのタイムラグが出てしまい、スポーツでの使用にはキビしく感じた。なお、AFせずにシャッターを押すとワンクッションのタイムラグなしにシャッターを切ることができたが、これはこれでピントがアテにならないので痛し痒し(涙)。
結局この組み合わせも使うのを止めた。


●AF
α7R IV のAFはα7R III より改良されているとのことだったが、今回のワタシの撮影ではあまり良さが感じられなかった。α7R III などと同じく、ここぞというシーンでこそピンボケになるケースが多く、ヘコんでしまう。カメラのAF機能を自分が正しく理解していないのかもしれないが、今回、フリッカーとともに悩まされたのがAF。というか、フリッカーは撮影後に画像処理ソフトで多少ごまかせるケースも多いが、ピンボケ写真は救えない。

なお、AFフレームは従来ライトグレー1色のみだったが、α7R IV では白と赤の選択ができ、とっさの時にどこにAFフレームがあるかわかりやすくてヨイ。


●操作ボタン・露出補正ダイヤルロック
各操作ボタンはストロークが長くなったり、触り心地が良くなったりしている。細かい改良ながら評価しておきたい。
露出補正ダイヤルにロックボタンがついたことにも評価。ボタンをプッシュすることでロック、もう一度プッシュしてロック解除という方式なので、ロックしたくない人はしないこともできるのでヨイ。


●SDカードスロット
2スロットともにUHS-II 対応になったのはヨイ。自動切り替えにしても片方が
UHS-I のみの対応では書き込みスピードが変わるので、カードを入れ直したくなる。両スロットとも同じなら、気にすることなく撮影できて便利だ。
なお、「書き込み中」の表示は6,100万画素ながら4,200万画素のα7R III とさほど変わらないような気がした。


【結論】
α7R IVは見た目はα7R III とさほど変わらないながら、それなりにしっかり進化していた。
一番注目していたフリッカーレス機能はまだまだ不満があるけれど、フリッカーがもっともひどいレベルの高岡市民体育館でもなんとか使用できなくはない。それに、もう一眼レフには戻りたくない。

6,100万画素は無駄に大きいが、APS-Cクロップ撮影では2,600万画素をキープできる。クロップなしでも2,600万画素で撮影できるので、むしろフルサイズでもAPS-Cクロップでも2,600万画素で撮れ、必要なら6,100万画素でも撮れるカメラと認識すれば、かなり使いやすいカメラだ。

ただ、問題は価格。マップカメラで12月25日現在 税込新品で382,544円! α7R III なら新品308,193円だが、中古並品なら20万円を切っている。
一方、α7R III を売る場合は現在152,000円だから、下取り交換で差額23万円超必要で、結構キビシイ。

つまり、α7R IVは買い換えたいレベルに機能アップしているが、先立つものがないということだ(笑)。




スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ