FC2ブログ

雑誌『mina』2020年03月号「「春服」と「カメラ」と」



雑誌『mina』は若い女性向けファッション雑誌のようなので普段はスルーしているが、カメラを持った永野芽郁チャンが表紙になったのでチェック。
中年のオッサンが本屋の女性ファッション雑誌コーナーで立ち読みしていたらちょっと気持ち悪いが(笑)、自宅でdマガジンをスワイプするだけなので心置きなく見ることができる。

ちなみに表紙で永野芽郁チャンが手に持っているカメラは1979年発売のフィルムカメラ『オリンパスXA』なのだが、「OLYMPUS」銘は消されている。スポンサーがらみの処置なのか?
(ちなみにワタシも持っている。➡︎高校生時代の持ち歩きカメラ 『カメラカプセル』オリンパスXA



「春のおでかけ服は、ときどき「きれいめ」。」という特集では、芳根京子チャンが東京・銀座の中古カメラ店前をロケ先にして撮影されており、なかなか興味深かった。

「はじめまして、カメラ。」という特集では、サブタイトルが「初めての人、必見。“おしゃれ写真” の楽しみ方、教えます!」。内容は・・・
01. 中古カメラ店に行ってみる。
02. 「はじめてカメラ」これが “買い” です
03. カメラのトリセツ、作りました。
04. カメラ女子のおしゃれ写真をお手本に。

いま、若い女性の間でフィルムカメラが静かなブームになっているようで、その辺りを意識した企画なのだろう。
昨今はスマホのカメラ性能・機能がアップしたおかげでカメラの売り上げは大きく減少傾向なのだとか。ま、当然といえば当然のことで、仕方ないことではあるが。
そういう意味では、若い女性がカメラに興味を持つということは、カメラ業界にとってはありがたいことだろう。

ただ、紹介内容にはかなり問題点があるように思える。

一番問題があると思うのは、「03. カメラのトリセツ、作りました。」
たった見開き2ページでカメラのトリセツを紹介するのはそもそもムリ。
さらに「カメラの種類」を
・フィルムカメラ
・一眼レフ
・ミラーレス一眼
・コンパクトデジカメ
の4つに分類していること。
「二眼レフとかビューカメラとかあるだろう!」というマニアックなツッコミは控えるにしても、フィルムカメラと区別されるべきはデジタルカメラ。フィルムカメラにも一眼レフがあるし。

ほかに本企画のトリセツでは
・露出
・ホワイトバランス
・ピント合わせ
・外付けフラッシュ
・レンズ
・画像サイズ
・ファインダーあり/なし
についてのQ&Aが紹介されている。

が、「露出」のなかの「絞り」の解説は全く逆の説明になっていてNG。
そもそも、カメラを初めて触るという人に対しては、スマホカメラとの違いやあえてカメラを使う面白さ、フィルムの種類や現像料・プリント料あたりを紹介すべきではないか?

あと、古いデジカメなら使用するメディアに注意が必要だし、フィルムカメラなら電池が入手可能かどうかもチェックが必要であることは紹介すべきではなかったか?

また、フィルムの装填方法が紹介されていたが、フィルムカメラでは装填中にフタを開けてはならないことと、撮影後に巻き戻さなければならないことは、今の若者には絶対解説が必要なのでは?

そもそも、中古カメラにまで購入範囲を広げているが、中古カメラは膨大な種類があって、初心者が生半可な雑誌知識で購入に走るよりも、カメラ店の店員さんに相談・質問する方が手っ取り早いと思うので、その旨をしっかり書くべきだったかと。


こんな感じでツッコミどころ満載な企画ではあるけれど、これがきっかけでカメラ好き女子が増えていただければ慶賀なり。






スポンサーサイト



テーマ : 雑記
ジャンル : 本・雑誌


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ