FC2ブログ

『マンガ 旧約聖書』1〜3巻(里中満智子/中央公論新社)を一気読み





『マンガ ギリシア神話』1〜8巻(里中満智子/中央公論新社/1999年〜2001年)を一気読みした後は、『マンガ 旧約聖書』1〜3巻(里中満智子/中央公論新社/2011年/各1,500円+税)を一気読み。

こちらは『マンガ ギリシア神話』に比べると読みやすかった。
ギリシア神話は登場人物が多くて相関図も複雑、神の力が突拍子もないものばかりだったのに対し、『旧約聖書』の神は創造主のみ(他の民族の崇める神もちらっと出てくるが物語の中では重要ではない)。
創造主は人間に自分を信じよと求め、いろいろな命令や戒律を伝えるが、それを人間が破ると創造主が戒めるというパターン。

正直なところ、自分はこの宗教の信者でなくてヨカッタ(笑)。厳しい戒律を守るのはタマラン。
とはいえ、『旧約聖書』を崇める宗教(ユダヤ教、キリスト教、イスラム教)の信者は世界人口の半分を占めるらしく、それらの宗教・信者を否定したりはしない。
ちなみにワタシの家系は仏教の中でも戒律の少ない浄土真宗だが、信心深くないので信徒と呼んでいいのかどうか(笑)。
一方、イスラム教などは毎日決まった時間にメッカに向かって礼拝するし、ハラル食しか食べないしで、ある意味尊敬してしまう。
そういう人たちの拠りどころとなる『旧約聖書』の概要を理解できたのはよかった。



第1巻では
・アダムとエバ(イブ)が蛇にそそのかされて禁断のリンゴをかじり、エデンの園を追い出される物語。
・信心深いノアの家族だけが創造主の教え通り方舟を作って大洪水を生き延びた物語。

第2巻では
・イスラエル(ヤコブ)の息子ヨセフが兄たちの妬みを買ってエジプトに売られてからの生き様を描いた物語(ここまでが「創世記」)。
・エジプトで生まれたイスラエル人モーセが生まれてからエジプトのイスラエル人を率いてエジプトを出て行く物語(「出エジプト記」)。
・モーセたちの一行が約束の地へたどり着くまでの物語(「レビ記」「民数記」「申命記」「ヨシュア記(冒頭部分)」)。

第3巻では
・ヨシュアの死後、各地の預言者(士師)たちがその地のイスラエル人を束ねる時代(「ヨシュア記(後半)」「士師記」)。
・預言者サムエルが主の命によりサウルを王に立て、サウルは実績を上げて民衆から讃えられるが、慢心。主は新しい王としてダビデを選ぶ。ダビデは英雄となるがサウルに嫉妬され暗殺されそうになるが生き延びる。ある戦争で敗戦を認識したサウルは自殺。ダビデが王を引き継ぐことになる。王国を発展させたダビデだが、罪を犯してしまい主より罰を受ける。
・後継者ソロモンも最初は国を発展させるが、他宗教を受け入れてしまい、創造主の怒りを買う(「列王記」)。 
・ほかに「ヨナ記」「ヨブ記」「ダニエル書」までがまとめられている。



   

   



スポンサーサイト



テーマ : 漫画
ジャンル : アニメ・コミック


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2020/07│≫ 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ