アドビ、Camera RawとLightroom 2の最新アップデータ

アドビCamera RawLithtroom 2 の最新アップデータを配布開始したとのニュース。

デジカメWatch:「アドビ、Camera RawとLightroom 2の最新アップデータ」

このアップデータは新たなデジタルカメラのRAWファイルに対応するというもの。具体的には
• エプソンR-D1x
• オリンパスE-620
• オリンパスE-450
• キヤノンEOS Kiss X3
• キヤノンPowerShot SX1 IS
• コダックEasyShare Z980
• シグマDP2
• ソニーα380
• ソニーα330
• ソニーα230
• ニコンD5000
• パナソニックLUMIX DMC-GH1
• ペンタックスK-7
あとはハッセルブラッドの各製品など。

以前にも書いたが、アドビのやり方はちょっとずるい。自社の新ソフトをインストールさせるためのOSには少し古いものから幅広く対応するくせに、ソフトのバージョンアップ後は旧バージョンのアップデータを配布しない。

私はPhotoshop CS3 Extendedを使用しているが、幸い自分のデジタルカメラのRAWファイルはこのバージョンで対応されている。ただ、今度新しいカメラを購入した場合(例えばパナソニックDMC-GH1、シグマDP2など)、ただそのためにCS4にアップグレードする必要が出てくる。

もちろん、古いバージョン用のアップデータを用意するのは多少コストがかかるであろうし、やはりユーザーには新しいバージョンのソフトに乗り換えてほしいこともわかる(あるいは旧バージョンではハードウェアやOSの問題で対応が難しいケースがあるのかもしれないけれど)。
しかし、あるバージョンのソフト(手っ取り早くいえばPhotoshop CS3やそれ以前のバージョン)を買って本人が満足している場合、新しいバージョンが出たときに買い替えを強要するのはどうだろう。少なくとも向こう4~5年は最新デジタルカメラのRAWファイルに対応するといった声明をしてほしいものである。

今や他のソフトを始めレタッチソフトもある程度必要な機能は十分満たされているので、あえてバージョンアップの必要性を感じなくなっている。下手にバージョンアップすると動作が重くなるといった不便やそもそもハードウェアやOSが対応しないというケースも出るだろう。
それがただ新しいカメラのRAWファイルに対応させるために丸ごと一式ハードもソフトも替えるとなるとかなりの負担だ。

百歩譲って、古いバージョンのアップデータは1,000~2,000円程度の費用でダウンロードできるというような措置でもよい。
とにかく、古いバージョンであってもそれを満足して使っているユーザーはたくさんいるのだから、ソフトメーカー(特にアドビ!)はそのようなユーザーのことも考えて対応してほしいと思う。



スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : アドビ Photoshop CameraRaw Lightroom


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ