FC2ブログ

2020.07.09 21:00JST 『Canon EOS Presentation』




キヤノンが本日夜9時から36分間にわたり、新製品の紹介動画を流した。

キヤノンのサイト:キヤノン:Canon EOS Presentation

紹介された新製品は・・・
・EOS R5(7月下旬発売/キヤノンオンラインショップ価格460,000円+税=506,000円)
・EOS R6(7月下旬発売/305,000円+税=335,500円)
・バッテリーグリップ BG-R10(7月下旬発売/33,000円+税=36,300円)
・EOS R6・RF24-105 IS STM レンズキット(8月下旬発売/345,000円+税=379,500円)
・バッテリーパック LP-E6NH(7月下旬発売/11,000円+税=12,100円)
・バッテリーグリップ BG-R10(7月下旬発売/33,000円+税=36,300円)
・ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-R10B(7月下旬発売/118,000円+税=129,800円)
・RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM(9月下旬発売/335,000円+税=368,500円)
・RF600mm F11 IS STM(7月下旬発売/88,000円+税=96,800円)
・RF800mm F11 IS STM(7月下旬発売/113,000円+税=124,300円)
・RF85mm F2 MACRO IS STM(10月下旬発売/75,000円+税=82,500円)
・エクステンダー RF1.4X(7月下旬発売/63,000円+税=69,300円)
・エクステンダー RF2X(7月下旬発売/75,000円+税=82,500円)



メインはEOS R5で、50万6,000円という価格も世界初の8K動画といったスペックを考えると妥当と言えなくはないが、4Kでいいからもう少し安くしてほしい(笑)。それにしても、消費税10%ってデカイ(涙)。

EOS R6 はワタシにとってセンサー(画素数)を除けば理想的なスペック。とはいえ、335,500円はちょっとお高いのでは?

レンズではRF600mm F11 IS STMRF800mm F11 IS STMがオモシロイ。
開放F値が暗いものの沈胴式のコンパクト・低価格仕様。このスペックが響くユーザーって誰なのかワタシにはよくわからないが。

RF85mm F2 MACRO IS STM。ハーフマクロながらポートレートからテーブルフォトまでカバーできる実用的なスペック。価格も良心的。



ところで、今回のWEBプレゼンテーション、むかし見たアップルのキーノート以来のワクワク感で臨んだのだけれど、プレゼンテーションとしてはイマイチ。

冒頭にお偉いさんがコロナ禍のお見舞いコメントを語っていたけれど、そのまま製品を語って欲しかった。元気な時のスティーブ・ジョブズはアップル製品を自分の子供のことのように愛着を持って語っていたよ。そしてプレゼンのリハーサルにはかなり力を入れていたらしい。
現場に近いスタッフが製品を語ることは悪くないと思うけれど、原稿を読み上げている感が強くて、製品の良さが伝わってこなかった。
また、スペック重視で(マニアにはそれで十分かもしれないが)新製品がもたらすベネフィットがほとんど伝わらず、もったいない限りだった。
こーゆーところに力を入れないと、製品そのものの良さはともかく、徐々にブランドイメージが落ちるのではないかと危惧する次第。



スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ