FC2ブログ

タムロン『17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD(Model B070)』の発表について



タムロンが 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD(Model B070) (ソニーEマウント用)を発表。
2021年1月14日発売(「なお、今後の新型コロナウイルス感染症の影響により、発売時期見直しや供給が遅れる可能性があります。」との記載あり)。
希望小売価格は税別9万8,000円(店頭価格は最安値で税込8万4150円となっている模様)。

公式サイト:タムロン 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD (Model B070) 製品情報



最近のタムロンはなかなか面白いスペックのレンズを矢継ぎ早に出しますなぁ。

本レンズはAPS-Cフォーマットのミラーレス一眼用大口径標準ズーム。これまでの同種のレンズでは17−55mm F2.8 あたりが発売されているが、望遠側を伸ばして70mmにしているところがこのレンズのウリだろう。
最短撮影距離はワイド端で0.19m、テレ端で0.39m(最大撮影倍率はワイド端で1:4.8、テレ端で1:5.2)というのもなかなかのスペック。
ほかに手ぶれ補正機構内蔵、フッ素コーティングや防滴仕様と高級仕様となっている。
一方、全長119.3mm、最大径74.6mm、重さ525gとそこそこデカくなり、最近の小型軽量APS-Cミラーレス一眼カメラとのバランスはあまり良くないかもしれないが、このレンズを買う御仁は小型軽量よりも大口径を取るという認識であろうから、良いと思う。


そして、何よりも画質を評価するMTFを見てビックリ! 天井に張り付きそうな曲線!



ワタシ自身に関して言えば、本レンズはEマウント用なので、ソニーα7R III のAPS-Cモードで使用できなくはないが購入するつもりはない。
ただ、ソニーEマウントカメラユーザーにとっては唯一無二のスペックを持つレンズとして要注目となるだろう。



ワタシ自身、趣味でカメラを使うのであれば、大抵の用途にはマイクロフォーサーズやAPS-Cで十分だと思っている。35mmフルサイズはフィルム時代の中判カメラ並みの解像度なので、趣味用途としてはオーバースペックに思える。撮影を楽しむなら、より小型軽量なシステムのほうが負担が少なくて済む(経済的にも。笑)。
また、フルサイズでは実現困難なスペックのレンズが使えることもマイクロフォーサーズやAPS-Cの魅力。本レンズもまさにそのようなレンズの1本と言えよう。



なお、本レンズ名の一部である「Di III-A」は「APS-Cミラーレスデジタルカメラ用」という意味。「Di」がデジタルカメラ対応クオリティ、「III」がミラーレス一眼用、「A」がAPS-C用ということとなっている(「Di II」はAPS-Cデジタル一眼レフ用というカテゴリー)。
だが、すでに「Di III」というカテゴリーでAPS-C専用とフルサイズ用を混在させて発売しているのはタムロンの失敗。

先に発売されたのがAPS-C専用なので、後から発売されたフルサイズ用に「Di III-F」とかの名称にすれば問題なかったが。今回、あえて「Di III-A」と表記したので、これまで発売してきたAPS-C専用「Di III」レンズの名称を変更するのか? あるいはついでにフルサイズ用も明確に区別するために「Di III-F」とかの名称に変更しないのか?
細かいことだけれど、カテゴリー名称の混乱について、いちおう注目していきたい(笑)。





スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ