FC2ブログ

『カメラマン リターンズ#2』間違いだらけのレンズ選び!! &レンズBOOK2021


休刊となった月刊『カメラマン』の「間違いだらけの●●選び」企画はプロカメラマンが座談会形式で言いたい放題にカメラやレンズを評価するもので、ワタシは大好きだった。
それがムックとして復活したので、遅まきながら購入した。




ちなみにSNSに最初に投稿された画像がコレ。一部製品名が間違っていて、慌てて修正して事なきを得たようだ。どこが間違いかは探してみてクダサイ(笑)。



読んで一番驚いたのが、これまでと違ってキヤノンのレンズについてメチャクチャけなしている事。理由は今までは広告主のキヤノンからクレームが入っていたが、今回はキヤノンが広告を出していないから(笑)。

特にひどかったのが RF24−240mm F4-6.3 IS USM。「群を抜いてダメダメ」と書かれていてケチョンケチョン。ワタシが愛用しているレンズなのでちょっとムカついた。ワタシ自身は全然問題ないレンズだと思っているし、過去使用してきた高倍率ズームの中では一番信頼できるレンズだと思っているから。
ちなみに座談会ではソニー 24−240mmもダメレンズだが、ニコン Z 24-200mmは「クラス最強の傑作」、タムロン 28-200mmも良さげな評価。ソニー 24−240mmがダメレンズという評価については同意する(笑)。

話をキヤノンのレンズ評価に戻すと、広告主のキヤノンに忖度して悪い評価も柔らかめの表現にしたり削ったりがあったようだ。比較評価でメインのレンズがダメレンズだった場合は別の個体に交換してもらったこともあったようだ。

ただ、今回のムックもニコンとシグマの広告が入っており、どれだけ忖度があるのかないのか疑ってしまう。いっそのこと『LDK』のように無広告で発売して欲しかった。



とはいえ、興味深かったのが富士フイルムのコーナー。
富士フイルムに関してはサービスセンターの対応がひどかったとか細かい問題点がコメントされていたが、それに対して「開発者、出てきましたっ!」で座談会の内容について富士フイルムの担当者が13点の回答をしている。
真摯に現状を受け止めている回答もあれば、座談会内容に真っ向から反論している回答もあり、なかなか興味深かった。
正直なところ、本書で一番興味深かったコーナー。
残念なことに、「開発者、出てきましたっ!」はフジのみで、他のメーカーのものがないのが非常に残念。キヤノンにも回答して欲しかったところだ。 



   




スポンサーサイト



テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ