FC2ブログ

『マカロンはマカロン』(近藤史恵/創元推理文庫)


『マカロンはマカロン』(近藤史恵/創元推理文庫/720円+税)

6月7日にスタートしたテレビ東京のドラマ『シェフは名探偵』の原作3部作の3作目をようやく入手。届いてスグに一気読み!
ビストロ・パ・マルに来店する客の悩みを料理を通して推理して解決するという、今までにない推理小説。

過去のエントリー:
テレビ東京のドラマ『シェフは名探偵』に期待大!
『タルト・タタンの夢』(近藤史恵著/創元推理文庫)
『ヴァン・ショーをあなたに』(近藤史恵/創元推理文庫)



さて、『マカロンはマカロン』。収録作品は次の通り。

「コウノトリが運ぶもの」
来店した女性客の父は頑固なフランス料理職人だった。彼の娘への思いを三舟シェフが推理。

「青い果実のタルト」
店で提供しないブルーベリーのタルトを複数の客から注文され困惑する三舟シェフ。理由がわかったところでちょっと苦い結末。

「共犯のピエ・ド・コション」
母子家庭の女性が再婚相手、息子と来店。息子がオーダーしたのはピエ・ド・コションという豚足の料理だったが・・・。

「追憶のブーダン・ノワール」
馴染み客が婚約相手を連れて来店。ブーダン・ノワールという豚の血のソーセージをどうしても婚約相手に食べてもらいたいと言うが・・・。

「ムッシュ・パピヨンに伝言を」
蝶ネクタイが似合う飛び入り客のイタリアでの失恋の回想から、三舟シェフが恋人の真意を推理。

「マカロンはマカロン」
来店した女性2人客は菓子店のオーナーと店員。その店員が後日失踪状態になるが、その理由は・・・。

「タルタルステーキの罠」
「タルタルステーキはメニューにありますか?」「メニューに書いてくれますか?」という奇妙な電話予約をした3人客。その意図を驚愕の推理。

「ヴィンテージワインと友情」
ヴィンテージワインを持ち込みした6人客。ワインを提供した客とそれ以外の客との関係を推理。


1作目『タルト・タタンの夢』で貫かれたビストロ内での推理というパターンが、2作目『ヴァン・ショーをあなたに』では少し崩れた感があったが、本作ではまた戻っている。

本作はビストロ・パ・マル シリーズの完結編ではなく、著者はまだ新作を用意しているようで楽しみだ。
「マカロンはマカロン」では世間で話題のテーマが盛り込まれているが、巻末の解説によると次回作ではコロナ禍の中でのビストロ・パ・マル を描いているらしく、次回作にも期待。



  

スポンサーサイト




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
06 ≪│2021/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ