キヤノン、「ハイブリッドIS」と新レンズの開発について

本日、キヤノンはニュースリリースをアップした。
「キヤノンが世界で初めて2種類の手ブレを光学的に補正する “ハイブリッドIS”を開発」

従来の「角度ブレ」に追加して「シフトブレ」の2種類の手ブレを工学的に補正するというもので、角速度センサーに加えて加速度センサーを新たに加えているとのこと。
「一眼レフカメラ用交換レンズを2009年度中に商品化する予定です。」とあり、キヤノンファンとしてはちょっと色めき立ってしまう。
このリリースでは具体的なレンズの焦点距離などは記述されておらず、ちょっとじらされた感がある。SWC技術とEF24mm F1.4L II のように新製品と同時発表すればいいようなものだからだ。

それはさておき、ジブン的に期待したいのはEF300mm F2.8L IS USMEF400mm F2.8L IS USMEF500mm F4L IS USMEF600mm F4L IS USMの超望遠4本。それぞれ発売がかなり古く、手ブレ補正もシャッター2段分しかないのでリニューアルの可能性は高いのではないか。
ただ、最近発売されたEF200mm F2L IS USMEF800mm F5.6L IS USMはかなり贅沢なレンズ構成で高額になってしまったので、上記4本がリニューアルされた場合もかなり高額になるのではないかと予測。
発表は2009年11月か12月で発売は2010年2月か3月。カメラマニアのアマチュアは懐具合が良ければ自分の好きなときに買えばいいだろうが、新聞社などの企業での購入となると、予算取りをして購入することになるであろう。超望遠レンズは1本100万円前後もするとなると、稟議も必要ではないか。とすると上記のようなスケジュールになるのでは?

また、上記リリースでは「通常の手ぶれ補正に加えて、これまで難しかったマクロ撮影などの手ブレ補正も効果的に行なえるようになりました。」とあり、マクロレンズのリニューアルをにおわせる。とすればEF100mm F2.8 Macro USMEF180mm F3.5L Macro USMあたりか。100mmのほうはリニューアルで「L」になるかなぁ?

ちなみにCanon Rumors では24-70mm F2.8L IS II(II ?)と70-200mm F2.8L IS IIは8月末近くに投入とのウワサも出たようで。
New IS Lenses? [CR1]

24-70mm F2.8L IS USMが70-200mm F2.8L IS IIとともにフィルター径が82mmになれば、新大三元ズームのフィルター径は一応統一ですな。F4の軽いズームが既にあるので、F2.8ズームは画質優先の重くて高額なシリーズとなるかも。


最近のキヤノンの新レンズは高額レンズかキットズームに二極化しているようだが、新製品が発表されるのはやはり嬉しい。早々のアナウンスメントを期待したい。


(なお、上記予測は何のバックグラウンドもない私の勝手な予想あるいは期待であることは言うまでもありませんので、悪しからず。)
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン ハイブリッドIS


コメントの投稿

非公開コメント

僕も・・・

サンニッパ、ヨンニッパ、ゴーヨン、ロクヨンの新型は近々出てくると思っています。
ISが5段分に強化と、蛍石レンズ構成の変更も入れて金額もかなりアップしてくると思います。
現行ニーニー、ハチゴーロクに準ずると言ったところでしょうか。10万円くらいUPしそうです。

24-70Lですが、今でもかなりの重量級ですがISが付くと1Kgは軽く超えそうです。
その辺はどうなんでしょうかねぇ~~。

Re: 10万円UPでは・・・

ゼクさん、コメントありがとうございます。

私は10万円UP程度では済まないのではないかと考えています。
1999年当時のムック本を見ると、定価ベースでEF200mmF1.8Lが当時526,000円、EF300mmF2.8Lが539,000円でした。ついでに400/2.8L IIが1,007,000円、500/4.5が770,000円、600/4が1,035,000円という価格設定でした。
現在は300/2.8 IS が690,000円、400/2.8 ISが1,140,000円、500/4 ISが980,000円、600/4 ISが1,290,000円となっています。
さらに新製品の200/2は IS になって850,000円、800/5.6 ISは1,750,000円という設定です。
1999年の焦点距離ごとの価格差を見ると(500はF4.5ですけれど)、200/1.8よりも300/2.8はほんの少し高額、500/4.5は400/2.8よりも安く、600/4は400/2.8よりもほんの少し高額という関係になっています。
この関係は200/2、800/5.6を除いた現在のレンズの関係でも同じですね。
この関係を200/2、800/5.6の金額に当てはめてみると、
新300/2.8は870,000円~900,000円、
新400/2.8は1,300,000円~1,400,000円、
新500/4は1,115,000円~1,205,000円、
新600/4は1,470,000円~1,585,000円あたりが妥当なのでは?
これは全てのレンズが第1、第2レンズあたりに蛍石レンズを使うなどの更なる贅沢仕様で新ISを搭載するという前提でのワタシ的予測です。レンズにもよりますが、15万円から30万円ぐらいのアップになるのでは?

大体、この手のレンズを買うユーザーは、値段に関わらずとにかく最新機種を求めるタイプか、会社の経費で落とすタイプかのどちらかではないでしょうか? まぁ、一般庶民が買うレンズではなく(買っても構わないけれど)、キヤノンとしても実はLレンズでしっかり儲けたいのではないでしょうか。
私個人としては、もちろん1円でも安いほうがありがたいと考えていますが。

24-70Lについて、現行(950g)のレンズ構成で更にISを入れると1.2kgは超えてしまいそうですが、UDレンズを蛍石に、非球面を両面非球面に、さらにこのような高額レンズを多用すればレンズ枚数を減らせるので、意外と1kgちょっとぐらいでまとめることはできるかもしれませんね。ただし金額は35万円か?(笑)。

以上、私の好き勝手な妄想ですが、どうでしょう?

と言うことは

やっぱりごく1部の人しか買えない本当に高級品になってしまいますね。
キヤノンの場合は製造が終了してから7年しか部品を保有してないのでどちらにしても
このレンズが必要なら買い替えがいりますね。

しかしビックリするほど高いですね。予想金額も大きくは外れてないと思いますよ。

でも24-70Lの方は果たしてISがいるかな?と思うのですが、どうでしょうか?
24-105Lと比べてもさらにマニアックなこのレンズですので楽にキレイに撮りたい人は
24-105LISで、じっくり撮りたい人は非ISの24-70Lとしてもらいたいところです。

Re: 24-70LにISは・・・

必要ではないですか? 私はほしいです。
低照度下で手持ち撮影する機会は少なくないですので。

レンズ内手ブレ補正かボディ内手ぶれ補正かで一時期論争がありましたが、ソニー、ペンタックス、オリンパスはあらゆるレンズに対して手ブレ補正を効かせることができ、広角、標準レンズでもその恩恵に預かれるのはメリットですよね。
もちろん、最近はカメラ側が高感度でも綺麗な画像を吐き出すので、ISの価値は少し弱まりつつありますけどね。

まぁ、キヤノンは70-200mmでISありなしとF値のバリエーションで4本もラインナップしているので、ISなしで良ければ従来の(あるいは新設計の)24-70L、ISが必要な人には24-70L ISと2本立てにするという手もありますよね。

そうですね!

僕の場合は24-70Lはほとんど明るい場所でしか使わないのでISがいらないのかも
しれません。それと普段でもストロボを付けた状態で撮影するのでそう思うのかもしれません。

しかしレンズも値上げ傾向で困りますね。
確かにISの強化等は実際に使って実感できるのでいいのですが、例えば16-35L?でも
周辺部が良くなったと言っても旧型となかなか見極めが出来ないでいます。

Re: Re: そうですね!

16-35L II は I 型よりもいいとのことでわざわざ買い換えたのですが、画質的にはあまり良さを感じられません。もちろん少しは良くなっているのですが。
むしろフィルター径が77から82にアップしてしまったため、撮影現場で機材を片付けるときにキャップ径を気にしなければならず、不便になりました。
まぁ、画質の善し悪しがどの程度かなんて、買ってみないと本当のところはわからないですし、カメラ雑誌が「旧型をもっていたら新型は買う必要なし!」なんてコメントぜったい書かないですからね(笑)。

ところで24-70L ISの価格を35万円と書きましたが、あれは話の流れの誇張でして、本当は275,000円~298,000円と一応30万円を切るぐらいでどうでしょう?(笑) 蛍石を使ったら32万円かな? 
ただ、24-70はアオリレンズや超望遠と違い、特殊用途のレンズではないので、多少裕福なアマチュアカメラマンが買っているので、あんまり高額にすると販売台数に影響が出てしまいます。
最近はシグマが128,000円という低価格で24-70/2.8 IF を発売し、好評を得ているようですから、対抗する意味でも安めの価格設定にするという考えもあるかもしれません。とすると25万円か? でもやっぱり、キヤノンを買う人は多少高くても買うでしょうから、275,000円~298,000円の価格帯でしょうかね? まぁ、勝手な予想ということで(笑)。
プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ