「iWeb '09」について



ご存知の通り、「iWeb '09」「iLife '09」に収録されているウェブページ作成ソフト。
「iLife '09」自体が8,800円と低価格だし、そもそも最新のMacを購入すれば、すでにインストールされているソフトだ。
「iLife '09」自体は「iMovie '09」を使いたくて発売後すぐに購入したのだが、それ以外のソフトは全く使っていなかった。

ウェブページ作成ソフトとしては、プロ御用達のアドビ「Dream Weaver cs3」を所有しており、マニュアル本2冊も購入して勉強したのだが、挫折。
ちなみに1冊目は「1週間でできる・・・」的な内容のもので、レストランのサイトを作りながら、このソフトに慣れようという内容。一通り終わったのだが、あえて「Dream Weaver cs3」を使って作るレベルの内容か? というコンテンツ。所詮、1週間ではこれぐらいのものかと思いつつ、もっと詳しく、分厚い本も購入。「基礎から応用まで完全解説」というサブタイトルの本で、索引まで含めると670ページほどにもなる分厚いもの。オールカラーで図も豊富に使われており、練習用データはネットからダウンロードできて至れり尽くせり。なのだが、入門編は比較的楽にクリアできたものの、応用編となるととたんに難しくなり、途中で挫折。プロへの道は遠い・・・(笑)。

そんな折、別のソフトも購入。デジタルガレージ社の「BiND FOR WEBLiFE 2」というソフト。
こちらは使いたいカートリッジ(レイアウト)を選んで、あとは文字と写真を入れ替えるだけ。見栄えが洗練されているので、簡単な操作ながらビジュアル的にインパクトのあるものが作れるというのがウリだ。
これのコンセプト自体はいいのだが、自分のやりたいレイアウトイメージのカートリッジがなく、結局挫折。

そんな折、そーいえば自分が持っている「iWeb '09」でも使ってみるか・・・と思ってアップルのサイトでチュートリアルを見てみる。
というのも、「iLife '09」にはマニュアルが同梱されておらず、アップルのサイトのチュートリアルを見てね、というスタンスなのだ。豪華で凝ったマニュアルを同梱しているデジタルガレージ社とは大違いだが、マニュアル作成にコストがかかること、ソフト自体がこまごまとアップデートするのに対応するにはウェブでのチュートリアルの方が合理的ともいえる。
そんなわけで「iWeb '09」のチュートリアルをのぞくと、



ウェブサイトを作成する。
• iWeb '09をはじめよう
• ブログを作成する
ウェブサイトにコンテンツを追加する。
• フォトアルバムを使う
• MobileMeギャラリーを追加する
• QuickTimeムービーやYouTubeビデオを追加する
• ウェブサイトにGoogleマップを追加する
• カウントダウンクタイマーを追加する
• iSightカメラを使ってウェブサイトに写真を追加する
ウェブサイトを公開する。
• MobileMeにウェブサイトを公開する
• FTPサーバーにサイトを公開する

・・・たったこれだけ。しかも「iWeb '09をはじめよう」は5分弱のムービーだったが、ほかは1分から2分程度。
実際に「iWeb '09をはじめよう」を見てみると、「えっ!」と思うような直感的な操作方法。最初に好みのレイアウトを選び、文字や写真を置き換えるというのは「BiND FOR WEBLiFE 2」と同じだが、写真のサイズを変えたり回転させたり、テキストボックスを自由に移動、変形させたりできるのは、かつてのアルダス(アドビが買収)「ページメーカー」の操作感を思い出してしまった。あるいはクラリスの「クラリスワークス」のドロー画面での編集のようでもある。
ユーザー自身が直感的に文字や写真(、もちろんムービー画面なども)をレイアウトできるのこの操作感は、「Dream Weaver cs3」で挫折した私にとっては、目からウロコであった。まさに画期的! 今まで使わなかったことが悔やまれる。

 

操作を「直感的」と書いたが、実際には一つ一つのオブジェクトの位置やサイズをインスペクタウィンドウで管理できるので、精密なレイアウトも可能。

もちろん、「Dream Weaver cs3」なら、やりたいこと全てができるのであろうが、なにしろ敷居が高い。「iWeb '09」なら、アマチュアユーザーにとって必要十分なことができ、しかも驚きの簡単操作でできることに拍手を送りたい。

強いて言えば、スタイルシートで全ページを同じスタイルに統一するということができず、1ページごとに設定していかなければならないところが面倒で、次のバージョンでは追加して欲しい機能ではある。

また、コード編集もできないけれど、このソフトでコード編集という概念は無意味であるように感じる。ユーザーは直感的に操作し、ソフトがバックグラウンドで処理するところにこのソフトの良さがあるからだ。

テンプレートのデザインももう少しあってもいいような気はするが、自分の好みに近いものを選んだあと、画像を貼付けるなり、色を変えるなりすることが可能だ。


自分自身、これまで使ってこなかったことを恥じ入るばかりだが、Macユーザーなら、いろんなソフトに手を出す前に、まずは「iLife '09」を使ってみることをオススメする。なかなかバカにできないいいソフトだと思う。


iLife \'09iLife \'09
(2009/01/28)
Macintosh

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : コンピュータ関連
ジャンル : コンピュータ

tag : iWeb '09 iLife iMovie'09 ドリームウィーバーcs3 ページメーカー クラリスワークス


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ