『女子バレー イヤーブック2009-2010』

女子バレー イヤーブック2009-2010 (ブルーガイド・グラフィック)女子バレー イヤーブック2009-2010 (ブルーガイド・グラフィック)
(2009/08/06)
実業之日本社

商品詳細を見る


『女子バレー イヤーブック2009-2010』(実業之日本社刊/1,280円)を買った。記事内容については別ブログをご参照いただきたいが、こちらでは写真に関してコメントを。

良かったのは荒木絵里香X栗原恵対談インタビューページで2人が同じポーズで前後に立った写真の2組(10、15ページ)。前後に立っているので、後ろに立った方はボケている。これはカメラマンが2人に要求して撮ったものだろうが、面白い。ただ、ちょっと色カブリをうまく補正できていないのがちょっと残念。いずれにしても、アマチュアでは撮れません。

サイアクは8-9ページの写真。荒木/栗原両選手のリラックスした笑顔が写されているが、栗原選手の顔がちょっとバカっぽく見える瞬間で、コンマ1秒前か後の瞬間の写真にするべき。他に写真はなかったのか?

木村沙織選手の写真については、木村選手がコートにうつぶせに寝そべって正面から望遠レンズで撮影したショット(22-23ページの見開き)がイイ。私は木村選手の熱烈なファンというわけではないが、これは写真としてはカワイイ。ただし、髪の毛が頭頂部を除いてベタッと黒くつぶれているのが残念。これが26-27ページの見開き写真となると、もっとひどい。髪の毛が完全につぶれている上、ユニフォームの暗い部分も汚く、露出不足の写真を無理矢理明るくした写真のようである。

なお、木村選手の写真で言えば、たくさんボールを持っている写真(104ページ)もイイ。

20ページの木村沙織選手の写真と30-31ページの狩野舞子選手の写真は、ポーズ、背景が同じで、かぶっているという意味でちょっと残念。それぞれ写真としてはイイと思うけれど。

Vリーグ・パイオニアレッドウィングス紹介のページでは、多治見麻子選手の写真が古いユニフォームのときのもの。ちょっとそれはないでしょ!


ま、辛口に言えば、このような感想を持った。一方、記事自体は辛口ながら冷静な分析がされていると思われ、これから始まる『ワールドグランプリ』のテレビ観戦前のいい予習となった。
スポンサーサイト

tag : 女子バレー イヤーブック2009-2010 荒木絵里香 栗原恵 木村沙織 多治見麻子 ワールドグランプリ


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ