『カメラマン』2009年9月号

カメラマン 2009年 09月号 [雑誌]カメラマン 2009年 09月号 [雑誌]
(2009/08/20)
不明

商品詳細を見る



またまたカメラ雑誌の発売日がやってきた。今回購入したのは『CAPA』『カメラマン』『フォトテクニック デジタル』の3誌。

今回は『カメラマン』からいきましょう。

まず表紙。モデルは武井咲(たけい えみ)チャン。まだ15歳だとか。『第11回全日本国民的美少女コンテスト』で見いだされたコのようで、確かに同コンテストの傾向に合うような感じですな。
それはともかく、背景のグレンチェックの生地(?)が妙に新鮮。よく見るとグレンチェックは背表紙まで回り込んでいるところがニクイ。

9月号ではどのカメラ雑誌もニコンD300sとD3000の特集をしているのだが、私はニコンユーザーではないので全く興味ナシ(失礼!)

そんななか、一番面白かった企画が「覆面トーク カメラ販売現場の仰天事情」。後ろの方のモノクロページなので見過ごしてしまいそうだが、カメラ販売員(現販売員2名、元販売員1名)から見た客の実態や販売店の裏事情が対談形式で書かれている。読んでいて面白い上、カメラ購入上の参考になるので、とにかく必読!

「Top Light」。原智幸氏の競馬の写真。なかなか力作ばかり。邪魔なフレームがついている写真もあるが。

「使っていますか? デジタル対応レンズ」。サンプル写真を見せてそれがどのレンズで撮られたものか読者に当てさせる形式。読者へのテストは5つある。
1つ目は標準レンズ3本(EF50mmF1.2Lからペトリ50mmF1.8 C.C AUTO、ズミクロン50mmF2)と標準ズーム2本(EF24-105mm F4L IS、EF28-105mmF3.5-4.5)、コンパクトデジカメ(オリンパスμ1030SW)で同一被写体を撮影したもの。逆光で絞り開放での撮影なので4枚はわかったが、ペトリとズミクロンの違いはわからなかった。
2つ目はフィルム時代のレンズ(シグマ28-70mm F3.5-4.5)とデジタル対応のレンズ(24-70mm IF EX DG HSM)での写真。これも逆光での撮影なので一目瞭然。
3つ目はちょっと古い大口径単焦点(EF135mmF2L)と最新型高倍率ズーム(タムロンAF28-300mm F3.5-6.3 XR Di)出の比較。焦点距離と絞りを合わせていて、これは正直わからなかった。
4つ目は高級ズームレンズ(EF70-200mm F2.8L IS)と普及型ズームレンズ(EF100-300mm F4.5-5.6)での比較。これも誌面サイズでは差がわらかなかった。
5つ目。EF50mmF1.8 IIでの絞りF1.8と絞りF8での違い。これはどちらの写真がどちらの絞りかという単純なテストではなく、被写界深度以外の差は何かを求められている。解答では、被写界深度以外に2つのポイントを挙げているが、私はそのうちの1つをうっかり見逃していた。
なかなか面白いテストなので、力試しにドーゾ。

「“写真力”を高める22の法則 スナップ&ポートレート編」。作例がもうひとつピンとこないので、解説文をよ見なくなくなる(失礼!)。ただ、大盛り焼きそばの容器でストロボディフューザーを作るアイデアは面白く、実用的に思えた。

「魚住誠一のHOT GRAPH!!」。表紙と同じ武井咲さんがモデル。綺麗なモデルさんだが、表情に変化がなく、あまり面白くないデス。

「ウオズミのポートレート撮影セミナーレポート」。6月末に行なわれたイベント。21名の参加者の写真が1点ずつ掲載されている。モデル2名で屋外/屋内いろいろなシチュエーションで撮影されているのがわかり、運営が結構大変だったのではないかと想像する。でもあんまり面白い写真ナシ(失礼!)。自分が参加していたら面白い写真が撮れるのかと言われれば、即答で否定しますが(笑)。まぁ、大人数での撮影会では大体似通った写真しか撮れないですからね。カメラもレンズもメーカーが用意したもののみ使用ということで、自分の機材はつかえないので、こんなもんでしょう。
ちなみに第2回のセミナー(10月4日)も企画されているので、詳細は同誌88ページをご覧あれ。

「どっちのレンズショー」。タムロンSP 60mmF/2Di II LD [IF] MACRO 1:1、キヤノンEF-S60mm F2.8 マクロ USM、シグマ MACRO 50mm F2.8 EX DG、シグマ MACRO 70mm F2.8 EX DGの4本を比較。タムロンの60mmF2が発売されて、選択肢が広がったので、この企画に興味を持つ人は多いだろう。
接写比較2シーン、シャープネス(解像感)、ボケの強さ&ボケ具合、色収差&色再現性について比較写真を掲載しているのだが、購入時の参考になるのかどうか??? シャープネスや色収差を比較するなら拡大した写真も見せるべきだし、接写比較写真についても、同一距離での比較も必要かもしれないが、それぞれの最短撮影距離での比較、あるいは同一倍率での比較も重要ではないか? もちろん撮影距離をそれぞれ変えなければならないので面倒だけれども、それをやらなければ比較にはならないのではないか?

他にも色々な記事はあるけれど、今回はこんなところで。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : カメラマン 武井咲 たけいえみ 魚住誠一 マクロレンズ 覆面トーク


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ