ポラロイド『JOYCAM』カメラ



『JOYCAM』はポラロイドの小型フォーマットフィルム『JOYCAM95』フィルムを使用する初めてのカメラ。1993年に発売。
基本的なコンセプトは従来よりも小型であること、フィルムが外に出ないことを実現したモデル。

 

撮影されたフィルムは2本のローラーに押し出されて出るのだが、中でぐるっと回ってカメラ底部の「ピクチャーウィンドウ」にストックされる仕組み。この機構を実現するためにフィルムの両耳が長くなっていると聞いた。


 

このカメラ、実は一眼レフカメラであり、ファインダーで見た通りに写る。とはいえ、ピントやボケを厳密に確認することもできないし、そもそもそれを調節すること自体ができない(笑)。
もうひとつ面白いのが「ウィンクシステム」と呼ばれる測距方式。これはポラロイド独自の超音波方式によるAFをストロボ光で行なうもの。なので、よく観察すると撮影直前にプリ発光している。
当然のことながら、ストロボを光らせないと測距できないわけだから、ストロボオフでの撮影はできない。
なお、セルフタイマーと明暗コントロールはファインダー横についている。

カメラは確かに従来のものよりは小さいけれど、そのためフィルム自体を小さくしたのはどうかと思った。しかも従来にないヘンテコなフォーマットだし。重さも見た目よりはずっしりしている。
発売当時、「ポケッタブルJOYCAM」というキャッチフレーズで広告展開していたように記憶するが、「ジャイアント馬場のコートのポケットでないと入らないよなぁ~(笑)」と思っていた。
いまオリンパスのCMで宮凬あおいがPEN E-P1をポケットに入れるシーンがあるが、同様の感覚を覚える。小さいことを言いたいのはわかるけれど、どちらもちょっと無理があるような・・・。

発売当時は24,800円(希望小売価格/税別)ぐらいだったかと思うが、途中で1万円を切る価格に値下げされ、それで一気に売れ出したように思う。フィルムが同時に値下げされ、1本1,000円ぐらいになったのがむしろインパクト大だったと思う。
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : ポラロイド ジョイカム JOYCAM


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ