2009.09.23 『キヤノン EOS 7D & EF100mm F2.8L マクロ IS USM スペシャルプレビュー』(名古屋)その3

『キヤノン EOS 7D & EF100mm F2.8L マクロ IS USM スペシャルプレビュー』ネタ、まだまだ引っ張ります(笑)。

今回は、会場で繰り返し行なわれていたセミナーのレポート。

13:10-13:40 並木隆氏によるEF100mm F2.8L IS USM の解説
13:50-14:20 開発者による技術セミナー
14:30-15:00 諏訪光二氏による7Dの特徴
15:10-15:40 広田泉氏による7Dでの鉄道写真

実際は10:30から17:40まで、2~3回同じ内容で実施していたのだが、自分の興味に関係なく、全て1回ずつ聴くことにした。


まずは並木隆氏によるEF100mm F2.8L IS USM の解説

ハイブリッド IS の効果、ボケ味の良さといった、押さえるところは押さえておいて、応用撮影テクニックのアドバイスもあった。
前半部分では、作例がイマイチ。正確に言うと、作例の見せ方がイマイチ。ブレた/ブレないの比較は2枚並べた方がわかりやすいのに、ブレた写真のサンプルがない。だからブレていないサンプルが引き立たない。
もうひとつは円形絞りによる綺麗なボケの例。こちらは円形絞りとそうでない絞りとで2枚並べて比較しているのだが、被写体が異なっているのだ。つまり、過去に撮った写真の中から探してきたものと、100マクロ IS で撮影したものとを組み合わせているのだが、それ自体がまず問題。しかも、写真としては円形絞りでない方の写真の方が、写真としては綺麗だった(笑)。これでは伝えたいことが正しく伝わらないですヨ!

撮影テクニックのアドバイスについては、参考になる部分もあった。
レンズで手ブレ補正が効くので、速いシャッタースピードを使わなくともよいことから、むしろ多少絞った写真撮影をしてはどうか? という提案。実際にf2.8、f5.6、f11と絞りを変えて撮影したサンプル写真を投影。わかりやすい示し方だった。ただ、写真の題材自体はイマイチ(笑)。

まぁ、そんなところでプレゼンテーションとしては60点のぎりぎり『可』というところか。



続いて開発者による技術セミナー。タイトルは『こだわりの高性能を支える技術セミナー』で、プレゼンターはキヤノンのカメラ開発センター 戸倉剛氏(EOS 7D のカタログに写真とインタビューが載ってます)と、イメージコミュニケーション統括開発センター 能登悟郎氏の2人。
戸倉氏は EOS 7D、能登氏が100マクロ IS についてそれぞれ説明。

戸倉氏。大体カタログに掲載されている図や内容がほとんどだったのであんまり面白くなかったのだが(失礼!)、ミラーとサブミラーの動きの様子(イラスト)を動画で見せてくれたのはちょっと嬉しかった。

そして、なによりも感動したのが、7Dの中身を大まかに分解して見せてくれたこと! スタンドカメラ(というのかな?)で分解したカメラを写し、正面のスクリーンに投影するのだが、まず背面の基盤の解説。DIGIC 4が2つ装着されている場所を確認。
この基盤を外すと、CMOSセンサーのついた基盤。脇にはセルフクリーニングセンサーユニットがついていることを解説。
そして本体。左下のあたりに電子水準器のためのセンサーが2つ(縦方向用と横方向用)ついていると説明。さらにストロボ用キャパシターを抜いてみせてくれた。
マウント部分、ペンタプリズムの解説。

たまに展示会で外装を外したサンプルが飾られていることがあるが、あまり面白くない。今回は、カメラを分解しながらどこに何があるかを解説してくれたので、なんとなくわかった気になった(どこにどのパーツがあろうと、撮影には全く影響がないのだが、笑)。正直、今回のイベントで、ここが一番見ることができて嬉しかった。

続いて能登氏。カタログに書いてあるような内容をわかりやすく図などで解説。でもやっぱりカタログに書いてあるような内容。カタログには掲載されていないような小ネタを披露してくれると嬉しかったのだが。

点数をつけるなら70点。話はそれほど面白くなかったが、伝えるべきことは伝え、カメラの分解を見せてくれたから。とはいえ、開発者がセミナーのプレゼンターをするというのはキヤノンの一般人向けイベントでは初めてではないだろうか? 今後も開発者の方が開発裏話とかカタログには載っていない内容を語ってくれるとマニアは喜ぶだろうと思う。



諏訪光二氏による7Dの特徴。プレゼンテーションとして、一番完成度の高かったのが諏訪氏。

『DPEx』というビューワーソフト(下記サイト参照)を使用してプレゼンしたのだが、写真を表示するだけでなく、文字はイラストも全てJPEGファイルに変換して保存し、利用していた。
たぶんキヤノンから提供されたのだろうが、7Dのファインダー表示の図などをプレゼン資料に加えていて、見る分でもわかりやすかった。
しかし、それよりも素晴らしかったのは、諏訪氏の話の展開。カタログを見ればわかる通り、EOS 7Dには新機能がてんこ盛り状態だ。それを30分という短い時間のプレゼンテーションでまとめるにおいて、諏訪氏は写真撮影の基本部分の「3大要素」として、「ピント」「露出」「構図」を挙げ、それぞれの撮影クオリティを上げるために7D はどのようなスペックを備えているか、という切り口で話を展開した。この解説は非常にわかりやすい。カタログを読むよりも理解しやすいぐらいだ。
カタログはどうしても「秒8コマ」とか「1,800万画素」とか「視野率100%」とか、目立つスペックをそれぞれ主張するが、全体としてたくさんの機能が「てんこ盛り」状態で終わっている。
諏訪氏のプレゼンはごちゃごちゃした新機能をうまく秩序立ててまとめ直してくれたのだ。

つけ加えて、プレゼンテーションの最初には爽やかに大きな声で挨拶し、EOS 40D、50Dユーザーがどれぐらい会場にいるか挙手させ、コミュニケーションをはかっていて、プレゼンテーションとして非常に優れたものだった。まさに40D、50Dのユーザーが買い換えるに値するカメラであることを十分PRできた内容だったと思う。点数をつけるなら95点! たぶんリハーサルも念入りに行なったものと想像する。

『DPEx』のサイトDPEx - デジタルカメラ画像判定ツール


最後は広田泉氏による7Dでの鉄道写真。正直、ワタシは鉄道写真に全く興味がないので、広田氏がどのようなプレゼンをするか、というところが聴きたいポイント(笑)。

正直なところ、広田氏のプレゼンテーションはあんまり上手いとは思わなかった。7Dの良さを伝えているのだが、まとまりがない。AFのことを言ったかと思うと解像度の話になり、連写の話になったかと思ったらまたAFの話に戻ったり。
DPPをプレゼンソフトが割に使っているのだが、喋っているあいだ中、ずっとカタログ表示の写真が投影されているので、どうしてもそちらに目が向いてしまう。伝えたいものだけを見せるべきだと思った。
ついでに、作例写真があんまり大したことなかった(失礼!)。

とはいえ、暗いシチュエーションでもAFが効いたとか、ファインダーで見てもわからない電車のナットまで解像しているとかは、作例で理解できたので、ワタシが鉄チャンだったら購買意欲が湧いたかも。

あと、広田氏だけ、動画のプレゼンをしており、パンして180度以上の範囲の風景を見せたり、電車が来るところに鳥が入ってきてまた飛び立つというシャッターチャンスの映像は、素晴らしい、というほどのものではないが、なるほどと思わせるものだった。

広田氏のプレゼンに点数をつけるなら、やっぱり60点かなぁ。



 

ところで、来場者へのプレゼントはA4サイズの『IMAGE MONSTER』ボックス(パック?)。中には並木隆氏のクローズアップフォトプリント2枚と7Dをはじめとした各種カタログ、EOS学園の講座案内が入っていた。


 



7Dのカタログはキヤノンデジタルハウス名古屋でもらったものとちがい、表紙の背景が微妙に違っていて、しかも『IMAGE MONSTER』の文字とカメラボディの明るい部分が特殊な塗料で印刷されていて、ちょっとカネをかけていることがわかる。

ただ、せっかく足を運んだのだから、サンプル写真以外のプレミアムグッズを1点でもつけてくれたら嬉しかったのだが。例えば、ロゴ入り液晶クリーナー(携帯ストラップでよくあるやつ)とかロゴ入りステッカーとかロゴ入りポストイットとか。
あと、来場者がカメラなりレンズを購入した場合にプレミアムグッズがもらえるクーポン券とか。
いかがでしょうか?



これにて『キヤノン EOS 7D & EF100mm F2.8L マクロ IS USM スペシャルプレビュー』ネタはおしまい。
それにしても、EOS 7D はいいカメラだと思う。EOS-1D/1Ds Mark III を持っていなかったら、買いに走るかも。




Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D EF-S15-85ISUレンズキット EOS7D1585ISLKCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 7D EF-S15-85ISUレンズキット EOS7D1585ISLK
(2009/10/09)
キヤノン

商品詳細を見る


Canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMISCanon EF100mm F2.8L マクロ IS USM EF10028LMIS
(2009/10/09)
キヤノン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

tag : キヤノン 7D "EF100mmF2.8L IS USM"


trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キヤノン オープンってなんじゃらほい~

困った、ヘコんだ、元気になりたい・・・  あなたのカウンセラーを探そう

キヤノンを追跡中

キヤノン 米HPと事務機提携 キヤノンは14日、米ヒューレット・パッカード(HP)と事務機分野で販売提携すると発表した。米HPがキヤノンから複...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

竹千代55

Author:竹千代55
カメラ・レンズやPC関係、生活雑貨など、ワタシが手に入れたいろんなGoodsまたは気になるGoodsを紹介するページです。ヘタクソな作例写真などもアリ.

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ